TIF初参加その2

先日書きましたように、4日(土)に
お台場で開催された音楽フェス、TIFに初参加してきたわけですが・・

うちには犬がいますので、最初から最後までずっといられるわけではなく
午後14時頃、お台場着いて、19時頃撤退となりました(無念)。

それでも、7~8ステージくらい見られました。

お台場内に8つ会場が設置され
そこでひっきりなしに誰かしらがステージをやっているので
お目当てのグループがあればあっちへこっちへ移動するわけですので
大変疲れます(笑)

私たちのお目当てであるWACK所属のグループは
今やもうすごい人気なので、私たちがお台場着いた頃には
会場(ZEPP)内に入れない人たちが外まで行列を作っていました。
私たちも並びましたが炎天下の中きつかった・・・。

ZEPP DIVERCITYの中に入ったら涼しかったですが
ライブが始まるともう熱気で汗だくです。

すべて見終って帰ろうとなった時にはTシャツびっちょびちょでした(笑)


FUJIROCKやROCK’IN JAPANなど音楽フェスは色々ありますが
ちょっと毛色は違いますが今回初めてフェスというものに参加して楽しさがわかりました。

この炎天下の中やるのはどうなの?と最初は思いましたが
これは夏向けだな・・と(笑)

来年も行くかどうかはわかりませんが
しばらくはハマってしまいそうです・・・。
(ヲタクな友人の思うつぼに・・・)

TIF初参加

先週の土曜日に夏休みをいただきまして、
その日、お台場で3日、4日、5日と3日間開催された
「TOKYO IDOL FESTIVAL」へと行ってきました。


え・・・?アイドル・・・?
アイドルなんて興味あるの・・・?



と、お思いの方も多いと思いますが
私も去年までそう思っていました。

大のアイドルヲタクである友人がおりまして、その友人から会うたびに

「今年はこの子たちが売れます。」
「今この子たちがきてます。」

などとアイドル情報を一方通行で聞かされ続けて
最初は「いや~興味ないしな~」なんてスルーしていたのですが
テレビやイベントなどで実際チョクチョク目にするようになってから・・・


え、これがアイドル・・・?
思ってたアイドルと全然違うね!



と、なりまして、そこから一気にはまってしまったというわけでして。

私は元々プロレスが大好きなのですが、
アイドルも共通する部分がすごく多くて
華々しさというよりは、下から這い上がって行く姿や、努力する姿といった
泥臭さの方が最近のアイドルは多くて、そこにみんな共感して
応援したくなるようです。


私はWACKという事務所のグループからハマりました。
BiSHというグループがWACK所属ですが
勢いが今とにかくすごくて、
ROUND1やキリンレモンのCMにも起用されています。

ただそれは表舞台の華やかな部分であり
わたしが応援したくなるのは、ここでは語れないような
涙ぐましい泥臭い部分にあります。

ほんとに頑張って努力して努力して努力して
売れても努力をし続けていく姿勢は見習う部分が多いです。


アイドルと一言で言っても
昔みたいにヲタクの方々がうお~~と盛り上がる異様な雰囲気は
今はあまりなく、女性ファンもすごく多いですし、それこそ私たちみたいに
今までアイドルなんてまったく興味のなかったのにハマったという人も
増えてきています。

ももいろクローバーZなんてその先駆けじゃないでしょうか。
今や紅白にも出場した国民的アイドルグループですからね。


アニメも昔はヲタクの文化でしたが
今や君の名は、や、未来のミライ、など
普通にごく一般的なものになりましたから、

食わず嫌いせずにアイドルの世界を覗いて見てはいかがでしょうか。
普通にいい曲も多いですから楽曲としても楽しめると思いますよ。


私がいまハマっているのは

BiSH
BiS
GANGPARADE
EMPiRE
task have fun
ベイビーレイズJAPAN

などです。

どれも楽曲に定評があるグループです。

「うたう筆、おどる色」


私たちが以前お世話になっていたボイストレーニング教室の先生が
なんとたまたま偶然、武蔵小金井の、しかも当院から5分くらいのところにある
ライブイベントスペースでイベントをやるということでお邪魔してきました。


RIMG0185.jpg

「うたう筆、おどる色」と題されたこのイベント。
歌や楽器の演奏に合わせて、ペイントアーティストの方、また参加者で
自由に絵を描いて、音を絵で表現しようというイベントでした。

2018年8月2日 高橋宣夫先生 武蔵小金井ライブイベント (2)

壁にはすでに昨日、一昨日と作られた作品が壁一面にびっしりと。
外国人の参加者もいたそうで、盛り上がったようです。


こうしたイベントの面白いところは参加する人によって
できあがるものがまったく変わるというところでしょうか。


高橋宣夫さんがギターで5曲ほど
バラードから楽しく盛り上がる曲まで、様々な曲を弾き語る中
参加者はその歌声に耳を傾けつつ自由に紙に絵を描いていきます。

生音で歌声が聴けるなんてとても贅沢な時間であっという間でした。
いい~歌声なんです。


完成したものを壁に貼り付けて完成。

2018年8月2日 高橋宣夫先生 武蔵小金井ライブイベント (1)

普段細かい絵ばかり描いている私にとって
白紙の紙に自由に筆を使って絵を描いて!と言われると
本当に頭の中が真っ白になります(笑)

自由ってそれほど難しいってことですね。


2018年8月2日 高橋宣夫先生 武蔵小金井ライブイベント (6)

最後は宣夫先生と3人でピース

「うたう筆、おどる色。」は
8月6日まで小金井シャトーにて開催されていますので
お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。

身の危険を感じる暑さ

今朝、井戸水を汲んでいる時に
「暑いですね~」と声をかけられましたが、

爽やかな「暑いですね~」ではなく
もう苦しさ一杯の「暑いですね~」でした。


昨日も熱中症で亡くなった方が10人。
救急搬送も200人以上ですか・・・。


テレビ報道を見ていると
厳しい暑さを伝える一方では、どうすればこの環境の悪化を食い止められるのかの
話題は一切でない毎日。
これだけ人が死んでいる暑さになっているというのに・・・。


「厳しい暑さが続いており熱中症など厳重な警戒が必要です
 岐阜・多治見では40度を越えました!

 では、この多治見とはどんな街並なんでしょうか~~」

とかのんきにやってる場合ですかといつもテレビ見ていると腹が立ちます。

なんでしょうこの話題のすり替えは・・・



うちでは何とかエアコンの使用頻度を下げられないかと
(室外機から出る外への温風を減らしたい)
アイデアを絞り中です。

アイデアは出ても形にするのが難しいんですよねぇ・・・

温暖化なのでは?

おはようございます。

今日もかなり気温が高いですね。
日本列島の気温分布図を見たら、日本列島真っ赤っかでした。

CO2排出量など環境問題にいよいよ本気で取り組んでいかざるを得ない
状況に近くなるのではないでしょうか。


温暖化が進んで日本の気温が年々上がっている。
じゃあどうするか。


「もっとエアコンを効かせればいいじゃない」

というのが西洋医学的な対症療法的発想


「環境問題に取り組んで根本から温暖化を緩和させるべき」

というのが東洋医学的な根本治療的発想


私は東洋医学畑の人間ですから
当然後者の考え方になります。

いよいよ日本が5年後、10年後さらに気温があがって
外出すら禁止されるような事態になるとしたら・・・

今、不便な生活を強いられたとしても環境の為なら我慢します。


便利になりすぎたんだと思います。
結果、環境は悪化していく一方・・・。


例えば移動はすべて公共機関のものか自転車のみにするとか
電車内はエアコンを止めて扇風機と原則窓を全開にすることとか

不便だと思えることをしないと環境は改善していかないと思うので
日本のために全員が我慢する時がくるのではないかと思っています。

一度楽を覚えるとなかなか不便な生活に戻すのは大変なことですが
住めなくなるよりはマシだと思えば我慢もできると思います。


私は家では濡れ手ぬぐいを肩にかけて扇風機を浴びています。
身体は冷えるのでなんとか暑さはしのげます。