Facebookを始めました。

Facebookを色々な方に勧められていましたので、
始めてみました。

が、新しく何かを始めるというのは
すべからく大変なものでして・・・
特に最近のものとなると、もう何が何やらですね(笑

少しずつ拡大して、当院の色々な情報を
載せていけたらと思います。


慣れるまでしばしお待ちくださいね~

6月30日(土)「ハーフタイムデー」

写真 (3)

今日は一年の折り返しの日だそうで。
早いものですね1年って。

だいたい1月におめでとうって言いますけど
4月になると新学期でそこからスタートみたいな気分で
3カ月分縮まる気がしますよね・・・・・しませんかね?

6月29日(金)

写真 (2)


頭痛といっても種類は百を越えるほどあるんです。

特に女性は頭痛もちの方多いですよね。
鍼灸治療は頭痛に対して非常に効果的です。

お悩みの方はご相談くださいね。

6月28日(木)「雨の特異日」

写真

今日は一年の中で一番雨がふる確率が高い日がそうで
過去の統計をとると、6月28日に雨が降ったのは52%だそうです。

折り畳み傘が手放せませんね。


ところで海外の人は雨の日でもほとんど傘をささないそうですよ。

切れ痔(裂肛)

切れ痔は正式には裂肛と呼びます。
切れ痔とは読んで字の如く、肛門部分が切れてしまった状態です。
言ってしまえば肛門の外傷です

症状としては

  • [刺すような痛み]
  • [出血]

があります。


排便時や、ウォシュレットをあてた時にピリッとした痛みが出て、
紙につくぐらいの出血を伴うことがあります。
痔核のように多量に出血するということはほとんどありませんが、
場合によっては、排便後に数時間くらい重い痛みが続くこともあります。


排便のたびに痛みを伴うため、排便することに恐怖するようになってしまいます。
しかし、排便をガマンすると、便はどんどん硬くなり、裂肛にとっては悪影響となり悪循環に陥りがちです。

男性よりも女性に多くみられる痔疾ですというのは、女性の方が便秘をしやすいからです。

便が硬くなり、肛門部分に負担がかかり、切れてしまう・・
というわけです肛門部分も皮膚と同じで、切れても自然と治ってはいきます。

しかし、毎回トイレの度に傷が開いてしまっては・・・なかなか治りません。



そうなんです、裂肛で一番気を付けなければいけないのは再発なんです。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

6月27日(水)「今が旬!メロン」

写真 (1)

もう夏ですね!
メロンはスイカよりもカリウムを多く含んでいます。

カリウムとナトリウムのバランスが体内の水分調整なんです。
汗で失われたナトリウム(塩分)は塩で補給して
カリウムは食品から多く摂取しましょう!

6月26日(火)

写真

今日は6・2・6で露店風呂とゴロ合わせで
「露天風呂」の日だそうです。

丁度、これから暑くなる季節に早めに
汗をかいて過ごす習慣をつけておくと、
熱をカラダの中に閉じ込めずに発散する働きが活発になり、
夏の暑さに強いカラダに変わります。

少し熱めのお湯で汗をかいてみてはいかがでしょう。

6月24日(日)

写真 (1)

今日は初めてUFOが目撃された日だそうです。

昔はありえないと思っていたことも
最近はどんどん現実化できる時代になってきてますからねぇ。

現に宇宙まで人は行ってしまっているし。

UFOもありえない話でもないのかも・・・・しれないですねぇ。

6月22日(土)

写真

もうすぐ旬ですね!
私は冬より夏が好きなので、ゴーヤが出ると少しウキウキします。

ゴーヤは昔は苦手でしたが、
大人に(?)なってからおひたしでも食べられるほど大好きに。

いかにもカラダにいいぞ!!っていうあの苦味がいいですよね

6月22(金)「カニの日」

写真 (1)

今日は大阪の「かに道楽」が定めたカニの日だそうです。

カニって食べだすとみんな無口になりますね(笑

CMでもやってましたが、カニを5秒ぐらいで
全部むいちゃう女将さんがいるんですよねぇ~

どうでもいいか(笑

6月21日(木)「熱中症予防」

写真

台風が過ぎ去って猛暑日が増えてきています。
熱中症で倒れる方が毎年後を絶ちませんね。

自分は大丈夫と思わずに、しっかりと予防をしましょう。
予防ができていれば、防げるものですからね!


絵のキャラクターは
熱中症予防プロジェクトのマスコットみたいです♪
上野動物園の白熊くんも毎年この時期は難儀なようですなぁ。


手打ちうどん

たまの休日うどんでも打ちますか!
と、手打ちうどんに挑戦してみました。

中力粉と塩の配分が、気候、季節によって変わるのでこれが
難しいところなのですが・・・

RIMG0302.jpg
全体に水分をなじませるように指を立てて混ぜます。
以前そばを打った経験が役立ちました。

RIMG0303.jpg
このようにまとまりましたら・・・

RIMG0304.jpg
踏みます!!
ここでしっかり15分近く踏み続けることで
グルテンがでて、あの腰のあるうどんになるのでっす!

RIMG0307.jpg
1時間ほど寝かせたら、包丁で均等にトントントン・・・

RIMG0311.jpg
15分ほど茹でて完成で~~す。
付け合せは、ごぼうのかき揚げと半熟卵の天ぷら!
よだれがとまらない!

RIMG0312.jpg
2杯目はしょうゆぶっかけでいただきました!

手作りうどんほんとおいしいですよ!
家がちょっと粉まみれになりますけどね(笑

ぜひ試してみてください~~

6月20日(水)

写真 (4)

今日は北海道が定めたペパーミントの日だそうです。

ミントってここに書いてある以外にも鎮静作用があったり
何かと便利です。

家庭栽培でも簡単にドンドン育つみたいですから
試してみてはいかがでしょうか?

6月19日(火)「今が旬 かつお」

写真 (3)

かつおには血液をサラサラにしたり、鉄分が豊富なので
貧血にも効果ありです。

夏バテにももってこいなので、
にんにくたっぷりのせて、たたきで食べたいですね!

6月17日(日)「いなりの日」

写真 (2)

―いなりずしという名前の由来は―

「お稲荷様」というときつねを思い浮かべますね。
きつねというと油揚げが好き。だからいなりずしと名付けられたようですが、

きつねが油揚げが好きというのは根拠がないそうです。

しかしそれにしても、連想ゲームのような名付けですね。
そのままきつねずしでもよかったのでは(笑

6月16日(土)「麦とろの日」

写真 (1)

今日は6・1・6で麦とろの日です!

山芋・長いもは食物繊維も豊富で、消化を助けてくれるんですよ。
今日の晩御飯はぜひ麦とろ飯で!

いぼ痔(痔核)の治療

いぼ痔(痔核)の治療方法は、手術だけではありません。


内痔核の場合も、外痔核の場合も、うっ血が取れてくれば
痔核はだんだんしぼんでいきます。

それに伴って、痛み、出血といった症状も和らいでくるものです。
そのための鍼灸治療を行って、今までに約80人以上の痔の方を
診てきました。


もちろん、すべてがきれいに完治できたわけではありません。
何年も患って、大きくなってしまった痔核をきれいに消失させるには
手術しかないと思います。

しかし、痛みや出血、脱出といった症状を抑えて
上手に付き合っていけるのなら今すぐに手術が必要なケースは
少ないと思います。


手術をすれば、何かしらの後遺症が残ることがあります。


手術はいつでもできます。
手術は最終手段です。
手術以外の治療をまずは試してみませんか?


日常に支障がないくらいに回復させるお手伝いをさせていただきます。

まずはご相談ください。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

6月15日(金)「今日の誕生花は野ばら」

写真

今日の誕生花は野ばらです!
花言葉は「痛手からの回復」だそうで。

鍼灸治療でも痛みからは回復できますから、
お気軽にご相談くださいね。

いぼ痔(痔核)の原因

いぼ痔(痔核)の原因は、血液のうっ血です。

人間の血液はご存じのとおり、心臓から出て、全身を隈なく
巡った後、心臓へ戻ってきて、再び心臓から出ていき、
全身を循環しています。


肛門付近というのは、この血液が循環する際の丁度
折り返し地点となります。



心臓より低い位置へ流れていき、それが再び心臓へ戻る
折り返し地点のため、非常に圧がかかりやすく、元来
血液が滞りやすい位置なのです。
そのため、うっ血をしやすく、になってしまうわけです。

は二足歩行の人間しかならないといわれるのはこのためです。


加えて日々の生活の中にもいぼ痔(痔核)の原因は多くあります。
そうした痔の悪化原因によって肛門に負担がかかることを
繰り返しているといよいよ痔核になりやすくなります。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

外痔核

痔の治療-外痔核



肛門上皮と直腸粘膜の境目の歯状線よりも
肛門上皮側の静脈がうっ血して、コブになったものを外痔核といいます。

言い方を変えれば、静脈瘤とも言えます。

jikaku-2.jpg

昨日までは何ともなかったのに、朝起きたら違和感があった
というように、発症する時は突然発症します。

外側にコブができるため、触ればすぐにわかりますから
ご自身でも、「おや?」とすぐに気が付くことが多い痔です。

症状は、とにかく強い痛みを伴います。
これは肛門上皮に痛みを感じる知覚神経が通っているためです。


痛み方は人それぞれですが、急激に腫れ上がり、
立っていられない、座っていられない、歩けない、寝られない
といったこともあります。


もし、発症したら、ひどく悪化させないためにも
早めに治療を開始して、症状を和らげていきましょう。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ





痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728


6月14日(木)「消化を助ける食材」

写真 (4)

食物繊維を多く含む食品は消化を助けてくれます。

この他こんにゃくも消化にとてもよいです。

わたしは便秘気味な時は、こんにゃくをそのまま1枚
食べちゃいます。
2~3日続けるととてもお通じがよくなります。

>>便秘の鍼灸治療

6月13日(水)「湿気に負けないカラダを作る」

写真 (3)

東洋医学では、湿気は「湿邪」と言われ、
カラダが弱っていると、この湿邪にカラダが侵され
主に関節痛となって現れるとされています。

湿気に負けないカラダを作るには
代謝を高めて、カラダを活性化させることです。
汗を今からかいておくと、夏にも強いカラダになりますから
しっかり養生しましょう!

内痔核

内痔核




歯状線より内側にできた痔を内痔核といいますが、

症状の進行具合によって
ステージ1~ステージ4に分類されます。



ステージ1:中に納まっていて、外に脱出しない


ステージ2:脱出はあるが、自然に中に戻る


ステージ3:指で押し込まないと、中に戻らない


ステージ4:戻そうとしても戻らず、脱出したままになる


ステージが進むほど、症状は重くなり、
多量に出血をしてしまったり、痛み・違和感が強くでることもあります。

放っておけば、痔はどんどん大きくなっていきます。
そうならないためにも、しっかりとケアと養生をしていきましょう。

手術以外の方法でも、痔を改善させる術はあると思います。
いきなり手術に踏み切ってしまい、後遺症で悩んで、後悔している
人も多く診てきました。

まずはご相談ください。




>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ





痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

いぼ痔(痔核)の症状

―手術をしないでいぼ痔(痔核)を治す鍼灸治療―



いぼ痔の主な症状は
痛み
出血
脱出
です。


肛門部分には歯状線と呼ばれる、直腸と肛門の境目となる
部分があります。

ji.jpg


この歯状線より
内側に痔ができたものを内痔核
外側に痔ができたものを外痔核と呼びます。


内痔核は、痛みが少なく、外側を触っても何もないため
発症して間もない頃は気が付かないことも多いです。

しかし、ある程度大きくなってくると、排便時や運動時に
内側から外側に飛び出してくるようになります。

脱出時には、痛みを伴うこともありますが、
中に戻せば痛みは治まることが多いです。

進行すると、なかなか中に戻らずに、
出っ放しになってしまいます。


そして、多量に出血することがあるのも
内痔核の特徴です。

ポタポタと垂れるくらい出血することもあり、
便器が真っ赤に染まるということもあります。




外痔核は痛みが強いのが特徴で、
じっと座っていても、動いていても、痛みが
ジンジンと強く出ることが多いです。

外側についているので、違和感もあり、
発症してすぐに気が付くことが多いです。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ





痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

6月12日(火)「さくらんぼ」

写真 (2)

今が旬のさくらんぼです。
カリウムを多く含むので、ナトリウム(塩分)を
カラダから排出する働きがあり、
高血圧に効果ありといわれています。


ちょっと高い果物ですけどね、
おいしいですよねぇ~~♪

院内見学会

6月9日、10日と院内見学会を開催いたしました。
多数の方にお越しいただき、誠にありがとうございました。


つたない説明でしたが、当院のことや東洋医学、鍼灸のことが
なんとなくでも、どういうものかご理解いただけたら
ありがたいと思います。


今回、さまざまな方とお話しをして、感じたことは
ホームページにも書いてはいますが、やはり
「鍼灸院は入りづらい」と感じている方が多いということでした。


「鍼は痛いのでは?」とか
「どんな治療をするのかが想像できない」など

鍼灸そのものに不安を感じて、なかなか最初の一歩が
前に出ないという方が多かったです。


あとは逆に鍼に対してものすごく神秘的なイメージをお持ちで
「鍼をしたら、歩けなかった人が歩いて帰れるんでしょ?」と
おっしゃる方もいらっしゃいました。


鍼灸治療は、私の中では健康を維持するためのひとつの
ツールだと思っています。
もちろん痛みを和らげたり、症状を抑えたりする働きは
ありますが、東洋医学の基本は「未病治」なんです。

つまり、病が病になる前に治す。病を起こさせないことが
本質なのです。


ですから、健康を維持するために
体操教室に通ったり、ストレッチ教室に通ったりするのと
同じ感覚で、鍼灸・整体も気軽に受けられたらいいのにな

つくづく思います。


そういう意味で
今回の院内見学会を今回だけで終わらせてしまうのは
少しもったいない気もしました。

また開催するか、予約が空いている時には
気軽にお話だけ聞きにいらっしゃっていただくのも、
鍼灸を知ってもらうためには、いい気がしました。


また、こういう機会を設けたいと思います。
来院していただいた皆様どうもありがとうございました。

いぼ痔(痔核)

いぼ痔(痔核)


―手術をしないでいぼ痔(痔核)を治すための鍼灸治療―



いぼ痔は正式には痔核と呼びます。

痔核は、痔の中でも代表的な痔です。


言い方を変えると、痔核は静脈瘤ともいえます。
静脈は血液を運ぶ血管、瘤とはこぶのことです。

つまり静脈がうっ血してこぶになった状態。

これが痔核です

痔核はこぶができた場所によって
内痔核外痔核とにわけられます。


主な症状は
痛み
出血
脱出
です。

発症してからの期間が長かったり、
何度も何度も繰り返し発症していたりすると
痔核は大きくなり、ゴルフボール、ピンポン玉ほどの
大きさにまで膨らむこともあります。

ここまで大きくなると、完治は難しくなりますが、
ある程度の大きさであれば、即手術が必要である
ケースはあまりないと思っています。

鍼灸治療で血行を改善し、うっ血状態を改善させられれば
痔核は次第に小さくなっていくものです。


次回は、痔核の症状についてお話していきたいと思います。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

痔の種類

痔の種類



痔には大きく3種類あります。

[痔核(いぼ痔)]

[裂肛(切れ痔)]

[痔ろう]


です。

どれがどう違うのかは、またおいおい説明をしていきます。

どれも鍼灸治療の適応となりますが、原因や対処方法などは異なります。


ちなみに私が経験したことがあるのは、痔核と裂肛です。
どちらも強い痛みを伴うものなので、発症時期は結構つらかった
思い出があります。

この痔核と裂肛にかかる方は結構多いです。
今まで痔とは無縁だった方でも、突然発症する可能性は
十二分にありますので注意が必要です。


また、注意をしていないとすぐに再発してしまうのも
痔核・裂肛の特徴のひとつと言えるでしょう。
それだけなりやすい疾患なのです、この痔というものは。


当院の鍼灸治療では、再発防止にも力をいれています。

再発しないための養生法などもお伝えしていますので、
過去、再発してしまったと再び来院された方というのは、
ごく少数です。


しっかりとケアをして、痔とおさらばしましょう!




>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

痔の症状

痔の症状



痔の大きな症状は

痛み
出血
脱出


です。

痔の種類によって、症状は異なりますが、
これが痔の代表的な症状です。


歩くたびに、おしりに痛みが走る・・。
座っていると何か違和感がある・・。
痛みが出るのが怖くてトイレにいけない・・。
トイレに行くたびに、便器が血で真っ赤になる・・。


どれも、ひどくなれば生活に支障をきたすものばかりです。


鍼灸治療では、これらの症状を抑えて、
日常生活をより良いものにするためのお手伝いを
させていただきます。

痔の手術をしないでも済むように、
手術の前にできることを試してみましょう。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ




痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728

痔の手術をしない治療法、鍼灸治療

痔の手術をしない治し方、鍼灸治療




私は以前勤めていた鍼灸院で
80人以上ののお悩みをお聞きして、
の鍼灸治療を行ってきました。

は今、日本人の8割が持っているといいわれる疾患です。


そして、私が診た患者さんのほとんどの方が
病院の肛門科にかかって医師に言われた言葉が

「手術しかないです」

でした。

中には問診だけで見もしないで「手術です」と言われた方も
いらっしゃいました。

他には痛むおしりに直接指を突っ込まれて、検査され
痛みがひどくなって帰ってきたという方も・・・。

私も痔の経験が何度かありますが、
今はまったくなんともありません。
もちろん手術など受けていません。

痔は手術をしなくても、治せる方法があるということです。


医師に「すぐ手術しなさい」と言われている方、
ちょっと待ってください。
手術以外にも痔の症状を改善させる方法はあります。


即手術というケースはよほどひどい場合以外では
そんなにないはずです。
手術の前にまずはできることがあるはずです。

手術をした場合、後遺症が残ることもあります。
手術をするのはいつでもできます。

まずはできることを試してみませんか。

鍼灸治療で痔の症状が楽になった、治ったと喜んでいる
方は大勢いらっしゃいます。


痔の手術をしない治し方、鍼灸治療を当院では行っています。
まずはご相談ください。



>><手術をしないで痔を治す鍼灸治療>ホームページへ





痔の治療-手術をしないで治す鍼灸治療
せきぐち鍼灸整体院
東京都小金井市本町1-3-1パーセル小金井101
℡042-316-4728