府中「英二」

写真

昨日、いつも月曜定休だったはずの
近くにあるラーメン屋「英二」が、たまたまなのか開いていたので
お昼にいただきました。

こちらも二郎系インスパイア店ですが、
府中の二郎に限りなく近い味でとてもおいしかったです。
野菜も茹ですぎずシャキシャキで、麺は店内に自家製麺機がおいてありました。

また月曜日開いていたら再訪したいと思います。
お腹いっぱい、ごちそうさまでした!

9月28日(日)「ぎんなん」

写真

ぎんなんが旬の季節となります。

こんなおいしいものがなぜワンシーズンしか
食べられないのか・・・と、いつも悔しくなります(笑)。


奥薗先生が来週のゴスペルライブに向けて
仕事オフの時間、猛練習しています。

全部英語の唄だけに、歌詞を覚えるのが大変みたいですね。


記憶力といえば、最近わたしは妙に人の名前が思い出せなくて
ちょっとこのままではまずいのではないかと思っています。

いささか文明の利器に頼り過ぎたか・・・。

しばらくは自分で思い出すまでは調べずに、頑張って
脳を使ってみようと思います。

切り絵

RIMG3019.jpg

待合室に飾ってある切り絵を新調しました。

むかしばなしシリーズということでいくつか作ってみようと
思いますが、今回は

「おおきなかぶ」

シルエットは切り抜くのにさほど時間がかからないので
これも下絵から始めて数時間で完成しました。


いずれは蒼山日菜さんのような細かい柄をやってみたいですが
さすがにあそこまで辿り着くには何かを捨てないといけないような
気がします(笑)

蒼山日菜さんプロデュースの切り絵専用のハサミも売っていますが
16000円と超高額!!
ちょっと手が出ません。

わたしは数百円のデザインナイフでやっていますが
わたしの腕前ではまだそのくらいで十分十分。


もつ焼き屋

写真 1

この間の休日に、久しぶりに「もつ焼き屋」へ行きました。

なぜ久しぶりかと言いますと、
条例によってレバ刺しが禁止されたためです。

こちらのお店、「四文屋」も足しげく通っていたのですが
今回数年ぶりです。
というか、吉祥寺店は初来店です。


場所が違うとお客さんの層もだいぶ違うんだなと感じました。
以前よくいっていた高円寺や中野店は、どちらかというと
競馬新聞片手に飲んでるおじさんが多かったのですが、
吉祥寺は若いカップルばかりでした。

ん~~~さすが、おしゃれタウン。


レバーは軽く表面を焼いた程度のものをいただきました。
刺しには敵いませんがやはりおいしい。

今回も、コブクロやガツ、タン、シロなどいただきました。

医食同源

これで内臓も強くなる・・・かな?


江の島

今年は夏休みをとれなかったので、
この22日、23日の連休が夏休みのようなものでした。

家にいるのも何ですし、天気もよかったので
江の島へ行くことにしました。

朝8時に家を出て、10時に到着。
時間が若干早いせいか、まだ人でも少なく穏やかでした。


久々に見るオーシャンビュー。

RIMG2988.jpg


20分ほど時間をつぶした後、お昼は豪華海鮮丼。

江の島といえば「生しらす」ですが、
正直私は生しらすより釜揚げしらすの方が好きです(笑)

RIMG2989.jpg


腹ごなしに江の島を上まで歩いていきましたが、
すっかり観光地になっており、輪をくぐってお参りするとか
恋愛成就の鐘とか、

あれ?別のとこでも見たことあるけど?

というようなものが増えていました。


なんか情緒がなくなってしまうというか・・・
ちょっと「ん~~~」という感じですね。


でも自然は変わらず雄大でした。
海を眺めてしばしボ~~~・・・

RIMG2993.jpg


そして江の島といえばこのお方
「杉山和一」のお墓があることでも有名です。

RIMG3012.jpg

杉山和一は、日本の鍼灸の技法である鍼管を開発された方なんです。

鍼管というのは鍼を管に入れてトントンと叩いて鍼を入れることで
痛みなく鍼を刺せるという素晴らしい技術です。

日本の鍼灸のスタイルの礎ですね。

先生ありがとうございます。感謝感謝。



9月21日(日)「枝豆」

写真

ちょっと前から枝豆が旬の季節です。

スーパー行くと今だいたい入口近くにおいてありますね。


山形名物の「ずんだもち」が私は大好きですが、
この間テレビで作り方をやっていました。

枝豆を叩いて潰して作るので
「豆打」(ずだ)がなまってずんだになったそうです。

自宅でも簡単にできるなら早速作ってみようと思うのですが
お餅をどうするか・・・。

サ○ウの切り餅だとちょっと違うんですよね。
やっぱりつき立ての丸い柔らかいお餅がいいですねぇ。

何とか工夫してそこがクリアできたら
今度作ってみようと思います。

ただ奥薗先生はずんだ大嫌いなんです・・・。

9月20日(土)「お手玉の日」

写真

今日はお手玉の日です。


お手玉は何度か挑戦したことがありますが、
結局できずじまい・・・

こういう手軽なお遊びができると、子供との距離も縮まるんですが・・


あ、でも私けん玉がそこそこ得意で、
今、治療院の待合室にもおいていますが、この間小さなお子様が
いらした時に、けん玉を披露したら喜んでくれました♪

芸は身を助ける・・・ってやつですね♪


9月19日(金)「iPhone6」

写真

今朝の8時に発売開始されました、iPhone6。

私もiPhoneユーザーですが、とりあえず6は現状見送りです。

まだ4使ってますが、壊れなければ買い換えることはありません(笑)



ipadが出た当初、前の職場で患者さんが買ったと聞いて
見せてもらって大興奮した記憶があります。

今やタッチパネルの端末も当たり前になってしまいましたが
当時はこれもできるの?あれもできるの?と驚きの連続でした。


私は今、周囲の友人・知人の影響でパズドラを7月から始めました。
こういう育成ゲームは終わりがないので、飽きるまで続けるわけですが
結構何百時間と続けられる性格なので、いまだ飽きずに続いています。

止める時は、飽きるというよりも・・・
なにやってんだ?と虚しくなってやめることが多いでしょうか・・(笑)

ま・・・まぁ、、ゲームなんて時間つぶしですからね・・・ははは


9月18日(木)「しまくとぅばの日」

写真

今日はしまくとぅば(島言葉)の日です。

同じ日本でも地方によって言葉は様々で、
特に沖縄の方言はもう別世界の言葉ってくらい
何言っているのかわかりません(笑)。


先日友人を招いた際に「泡盛」を飲みましたが
沖縄のお酒は強いですねぇ~。

でも沖縄の料理とビタッとマッチするあたり
さすがです。


いつも泡盛を飲むと、翌日少しやられてしまいますが
それでもおいしくて時々飲み過ぎてしまいます。

沖縄民謡の歌い回しも素敵ですし、
魅力がいっぱいです沖縄!


9月17日(水)「いなりの日」

写真

今日は17日の「い~な」と語呂合わせで「いなりの日」です。

いなり寿司を食べる機会はあまりないのですが、
食べ物として大好きです。
紅ショウガが添えてあるともうたまりません。


治療院の裏手にある農工大通りを真っ直ぐつっきった辺りにも
稲荷神社があります。

稲荷神社の総本社は京都の伏見稲荷ですね。

稲荷神は商売の神様でもあるので、開業した時には
参拝したものです。
が、ちゃんと定期的に参拝しないといけませんね・・(笑)


9月16日(火)「閻魔縁日」

写真

今日はご存知閻魔大王の縁日です。

あまりこのお方とは縁をもちたくないものですが・・・(笑)


小さい頃
「うそをつくと閻魔様に舌を抜かれるんだぞ~」と
誰しもが親に脅されたものだと思います。

多分私も子供がいたらそう言います。


閻魔様しかり、鬼とか、幽霊といった
必要悪のような存在ってやはり大切だと思います。

「悪いことをすればかならず罰があたるんだぞ」
って、小さい頃にしっかり教えて、またその恐怖を覚える
存在があるって、教育上とてもいいことだと思います。


なので、閻魔様にはいつまでも怖い存在であって
もらいたいですね。

それにしても、閻魔様のビジュアルってかっこいいなぁ・・・

9月14日(日)「はまぐり」

写真

ハマグリが旬を迎えております。

ハマグリはお吸い物か浜焼きにされることが多いと思いますが
その際に貝からでてくる汁まで全部飲むとしっかりと
栄養が摂れるそうです。


私は患者さんから「どんなものを食べればよいですか?」と聞かれると
決まって

「旬のものを食べていれば間違いはありません」とお伝えしています。

その気候に適した作物が摂れるわけで、そうすると
その気候に適した栄養分をもっているものです。

ですからテレビであの食材が良い、この食材が良いとよくやっていますが
そればかりを食べていてもカラダにはよくないということですね。


栄養面を気にしすぎなのもよくないもので
身体によい野菜、魚、肉をバランスよく食べていればそうそう
栄養面で悩むことは少ないはずです。

今週は魚食べてないな・・とか
野菜が足りてないかも・・とか

ちょっとそんなことを気にしながらスーパーにいけばOKです。


偏らずに色々なものを食べて自分の栄養にしていきましょう!


9月13日(土)「秋茄子」

写真

秋といえば食欲の秋、
そして秋の味覚のひとつであります秋茄子。

「秋茄子は嫁に食わすな」

なんて言葉がありますが、
こんなおいしいものを嫁に食べさせるなんてもったいないという
嫁いびりの言葉だという説と
秋茄子はカラダを冷やすからと、カラダを労わるためだという説とあります。

両極端ですが、どっちもあり得る面白い言葉ですね。


茄子といえば先日、
毎朝見ている速水もこみちくんの料理コーナー
「MOCO’Sキッチン」で作っていた
茄子を縦に切れ目をいれてそこにひき肉をつめこんで
衣をつけて揚げるという料理を作りましたが
まぁ~~~~でかい!

ピーマンの肉詰めとはわけが違います。
ハンバーグくらいの大きさが茄子に包まれますから
それはもう大ボリュームです。

テレビで見た時も「大きいなこれ(笑)」と見ていましたが
まさかここまでとは(笑)。


でも大満足の一品でした♪
ちょっとお腹をくだしましたけどね・・・・





9月12日(金)「宇宙の日」

写真

今日は日本人初の宇宙飛行士が誕生した日で、
「宇宙の日」です。

火星に水があったり、生命体があったりといった発表が
されておりますね。
いずれは本当に火星に移住するなんて時代がくるのでしょうか。


今日は久々にスッキリとした晴れですね。

もう・・暑さのぶり返しはないのでしょうか?
このまま涼しくなってくれたら万々歳ですが、

夜も涼しくなってグッスリ眠れるようになったののが
本当に嬉しくついつい寝過ごしてしまします(笑)。



9月11日(木)「無花果」

写真

いちじくが旬を迎えております。
と、いいながらわたしあまりいちじくを食したことがありません。
なのであまり味を覚えてないのですが、ほんのり甘酸っぱいような
イメージです。

なんだか女性が好きな果物というイメージです。



さてさて、

昨日は関東にも大雨が降りました。
バケツをひっくり返したような雨でしたが、なんだか
「またか」というくらい見慣れてしまいました。

日本全国各地で記録的な豪雨が降って、
そのうち日本沈んじゃうんじゃないの?という気もしてきます。

でも南極の氷がとけて海の水位がこれから先上がるとしたら
日本の国土も小さくなるんでしょうね。

どうなってしまうんだか日本・・・。


今日も局所的に大雨が降りそうですから、
外出するタイミング、重要ですね。


9月10日(水)「牛タンの日」

写真

今日は語呂合わせで牛タンの日です。


つい最近、茹でた牛タンを味噌に2~3日つけておくというものを
奥薗先生が作ってくれましたが、非常においしかったです。

酒のあてとして最高でした。


さて、先日乳児に対して「ずんずん体操」なる施術をして
乳児が死亡するという痛ましい事件がありました。

NPO法人キッズスタディオンというところがやっていたようですが
首も座っていない赤ちゃんの首をありえない方向へぐい~っと・・・
もう施術中の映像見てて怖かったです。

案の定というかここの代表は国家資格であるマッサージ師の資格は
持っていないとのこと。

リラクゼーションマッサージも増えてきていますが、こういったところも
マッサージ師の資格は持たずにやっています。


「医療としてはやっておらず、あくまでリラクゼーションとして
 マッサージもどきのことをしてますよ。
 だからマッサージとは言わずに「○○もみ」って言ってますよ」



これで通ってしまっているのが、現状なんですね。


だからマッサージとは言わずに「ずんずん体操」なんて言い方をしていれば
無資格だってできちゃう、ということです。


結果、このような痛ましい事件がおきます。
人体に対する知識もないままに、独学で独創的なことをしているからこのような
ありえないことが起きてしまうわけですね。

このキッズスタディオンは継続していくようですが
本当にやめてほしいですね。


受ける側も、医療として受けるのか、リラクゼーションとして受けるのかを
分けないと、腰痛を治したいからといってリラクゼーションマッサージを受けると
かえって腰痛が悪化することにもなりかねません。


どうぞお気をつけて。



9月9日(火)「吹き戻しの日」

写真

今日は吹き戻しの日です。

このおもちゃ吹き戻しっていうんですね、
初めて知りました(笑)

小学校の頃、図工の時間に作ったような記憶がありますが
最近の子供はこういうおもちゃで遊んだりするんでしょうか?

「なんだこれ、(ポイッ)」ってことにはならないのかな・・・。



さて、錦織選手が見事準優勝でしたね!
日本人初の快挙ということですばらしいことだと思います。

一流の選手ってカラダの動きに対する意識が異常なほど高く
ほんのわずかなズレなども感じることができるようで
ただただ脱帽です。

そこまでとは言わなくてもカラダに意識を少しでも向けられて
自分のカラダの得手・不得手やバランス、体調、体質などが
理解できるようになるともっと体調管理もできるようになるんでしょう。


9月7日(日)「日本人初の快挙」

写真

まさかまさかで驚きました。

普段スポーツを見ない私は、たいていある程度まで進んだところで
ニュースで知り、
「おっ、じゃあ次の試合見てみようかな」と見ると負けてしまうパターンが
多かったのですが、勝ちましたねぇぇぇl 錦織選手!

もうここまで来たら一気に優勝してもらいたいですね!


しかし1試合に4時間5時間もかけて試合して
また翌日に試合とか・・・テニスってものすごいハードなスポーツですね・・。

汗疱日記 4

以前汗疱の手は手袋で保護するのはいいがつけっぱなしはダメと書きました。

手袋で皮膚表面を保護するのはいいのですが
汗疱の天敵はなんといっても「汗」

手袋をつけっぱなしで過ごすと手が蒸れて汗をかいて
逆効果になることもあります。

そこでこちら

RIMG2978.jpg

これはティッシュを折りたたんで指に巻いてテープでとめたものです。

これが実にいい。


わたしは保湿クリーム(ニベアなど)を塗った後に
これをしていますが、数時間たつと指がシットリしていい感じです。

きつく巻きすぎないようにちょっとひっぱると抜けてしまうくらい
ユルユルでいいです。
そのくらい通気性がないと蒸れてしまいますからね。


嬉しいご報告

このくらいの時期に、なぜだかわかりませんが逆子で来院される方が
増えるようです。


そんな中で、お二人続けて逆子が直ったとの
嬉しいご報告がいただけました。

逆子は直ったという自覚症状も感じづらく、また
施術している我々からしても、外からお腹を触って
直っているかも・・・という感覚はあっても、
やはり婦人科で診てもらうまでははっきり直ったと
わからないものですから、患者さんから
「直りました」とご連絡があるまではドキドキしっぱなしです。

非常に嬉しいもので、ご報告がいただけた夜には
いつも乾杯をしております(笑)。


ついでにもうひとつ。
今日治療院の前を通りかかった方から

「この毎日出されているボードの絵、上手ですよね!
 いつも楽しみに前を通っているんですよ!」と

わたしが日替わりで書いているボードを誉めていただきました♪

2年間書き続けてようやく、認知されてきたのかな?と
こちらも非常に嬉しかったです♪

9月5日(金)「国民栄誉賞の日」

写真

日本で初の国民栄誉賞を受けたのはご存知この方
ホームランの世界最高記録を作った、王貞治選手です。

王貞治に長嶋茂雄
ジャイアント馬場にアントニオ猪木

現役を退いた今でも伝説として語り継がれる選手が
現役でバリバリやっていた時代ですからそれだけで
胸が熱くなりますね。

プロレス界もこれから先引退した後も
語り継がれるような選手がでてきてくれるといいですね~

神楽坂散歩

この間のお休みに久々に神楽坂へ行ってきました。

お目当ては「神楽坂すしアカデミー」のお寿司食べ放題。

こちらは母校である「すしアカデミー」で育成された若き寿司職人たちが
握るお寿司がお手頃価格て好きなだけ食べられるというお店。

といってもランチで3000円強なのでかなり贅沢です。
たまの贅沢ってことで行ってきました。


寿司職人学校ということで私はてっきり若いお兄さんや、
外国人の方が握っているのかと思っていたら
年季の入ったベテランの方らしき人ばかりでした。

オーダー制で紙にオーダーを記入してバンバン注文していきます。
二人で60貫近く平らげてお腹いっぱい。

食べている間もひっきりなしに予約の電話が鳴っていました。
すごい人気店のようです。


食後は目の前の毘沙門天へ寄り道。

あれ?

RIMG2972.jpg

なんかいるぞ・・・?


アートフェスタ中らしく、このようなものが飾られておりました。



RIMG2971.jpg

なんだこれ??

う~~ん・・・あまり似つかわしくないような・・・?


そのまま赤城神社へも寄ってみましたが、こちらもガラス張りの
ちょっとハイカラな神社でした。

だいぶ神社事情も変わってきたようです・・。

汗疱日記 3

汗疱についてネットで色々と検索しても
これといった情報がでてこないものです。

かといってマイナーな疾患でもなく、悩んでいる方も多いので
これといった解決策がないのが現状といったところでしょうか。

「完治することはない」という一文を見ると
落ち込みますし、日に日に範囲が広がっていくのを見ると
焦燥感もでてくるのが汗疱症。 つらいものですね。


そんな中で、少しでも改善できるように色々と試しています。

手の状態によって手を保護する方法も変わってくるのではないかと思います。


例えば外部からの刺激を避けるために綿手袋をはめるのはいいのですが
水疱ができている状態ではつけっぱなしで蒸れてしまうので逆効果。

といった具合。


現段階での私の保護方法を、自分のメモのためにも書いておきます。


・手を使う際には綿手袋を着用するが、使わない時には手袋は外して風にあてる

 つけっぱなしは蒸れてしまうので、特に暑い夏の夜など手袋をしたまま寝ると蒸れて
 朝に水疱がどっさりできていることがあります。

 暑い季節にはむしろ風にあてて風通しをよくする方がいいと思います。

 
・水疱ができた時には、デザインナイフなどで少し穴をあけて中に溜まっている
 汗(浸出液?)を出してやる


 この水疱を放っておくと中に浸出液が溜まってカサカサになり皮膚がはがれてきます。
 むしろ私は水疱をつぶした方が広がらずに済んでいます。

 ただし、道具を使って穴をあける際には十分消毒してください。
 でないと化膿してちょっと大変です。

 穴をあけた後にオロナイン軟膏を付けておけばなおよい。


・洗剤、石鹸はなるべく使わない。

 過去の経験から手はこまめに洗った方が状態がいい気がします。

 カサカサの状態だと、通常の人よりもとにかく古い角質がたくさんでます。
 その分不衛生にもなりがちですし、傷もたくさんあるはずですからそこから
 雑菌が入ると余計悪化するのではないかと。

 お風呂に入る時には綿手袋をしたままで、頭を洗う時にはシリコン製の頭皮を洗うやつなどが
 販売されていますね。そうした道具を使うとあまり手にシャンプーをつけずに洗えます。


・ゲームはあまりやらない方がいい

 手に汗を握ってゲームをやると一気に悪化しました、私の場合。
 手袋をしても結局熱で蒸れてしまうのでイマイチ。

 何とか工夫して汗疱を悪化させずにゲームができないものかと思案中です。
 (そこまでしてゲームがしたいか(笑))


・保湿はしっかり

 特に皮膚がカサカサ状態の場合、放っておくとどんどん皮がむけて範囲も広がってきます。
 できるかぎりシットリさせておいた方がいい。
 
 保湿剤選びは個人差があるので何ともいえませんが、汗疱はひび割れができることも多いので
 尿素は入っていないものがよいでしょう。 しみます(涙)

 ワセリンタイプやローションタイプがありますが、ベタベタしないローションタイプを私は使っています。


・気になっても皮膚ははがさない

 乾いて剥がれかけている皮膚をひっぱって剥がすと余計に剥がれて範囲が広がってしまうのと
 下にまだ新しい皮膚ができていない状態のままむき出しになってしまうので
 できる限り剥がさずに自然に剥がれ落ちるのを待つ方がいいと思っています。

 ほぼ剥がれ落ちかけているものは、手芸用の小さなハサミや、百均でも売っている眉毛用ハサミ 
 などでチョキンと切り落とすと引っ張らずに綺麗に剥がせます。


ざっとこんなところでしょうか。

また気が付いたことがあったら書いていきたいと思います。