6月28日(日)「嬉しいご報告」

先週逆子で来院されている方から
無事に直っていたと報告の電話がありました。

今回は30週と、少し早かったこともあり、
2回の治療で無事に終了できました。

少しお母様自身がお疲れのようでしたので、
出産までにしっかりとカラダを休めていただきたいです。


加えて、腰のヘルニアの治療で約2年近く来院されていた方も
無事に走れるまでに回復されて、先日卒業となりました。

最初は走るどころか座っているだけでも辛い状態でしたので
「5kmマラソンしても大丈夫でした」という言葉には私も感動しました。

「前は座って仕事もできない状態だったので、今は考えられないくらいです」

と、最高に嬉しいお言葉をいただきました。

健康な状態の時には気にならないだけにケアもついつい怠りがちですから
今の状態をキープできるようにと養生をお伝えしました。

嬉しい反面、お顔が見られなくなり少しさみしい気持ちもあり・・・。
でも、また顔が見られるということは、カラダの調子が悪い時でもあり・・・。
と、鍼灸師というのはなかなかに複雑な心境な職業なものです。


6月27日(土)「梅雨の頭痛」

写真

梅雨の時期は東洋医学でいう湿邪が充満する時期であり、
その邪気にあてられてしまうと、
カラダが重い、節々が痛い、頭が重いといった症状が出やすくなります。

そうならないためには、前の春の季節から養生をしておく必要がありますが
今からできることはカラダに余分な水分を溜めないことです。

利尿作用のある食べ物や水分をしっかり摂りつつ、汗や尿で
体外へ排出することが重要です。


季節に応じて生活習慣をその都度改めて、
1年を通じて健康でいられるよう努めましょう。

といっても、最近は季節そのものがずれているような気もしますが・・・。
今日明日も大雨が降るようですので、気を付けましょう。


6月26日(金)「雷記念日」

写真

今日は雷記念日です。

昔は災害はほとんど神の怒りだったり
誰かの祟りだったりしたわけですね。

それを鎮めるために色々な儀式が行われたりしたわけで。


さて、今週は100年に1度の大雨が降ると言われています。
はたして100年に1度で済むのか
毎年こんな大雨が続くのか。

毎年梅雨の時期に土砂災害で被害者が出て、
夏になると熱中症で倒れる方が増えて・・・という季節になりそうです。


温暖化が止まらないといよいよまずいことになりそうですねぇ。

ストップ ザ エアコン!!

東小金井「大」

IMG_3301.jpg

この間の月曜日に治療院でちょいとやることがあったので
午前中から治療院に来ておりました。

と、なればお昼はラーメンとなります(笑)。

足しげく通っております、東小金井のらーめん大へ行ってきました。


こちらはいいのか悪いのか、毎回来る度にちょいちょいと変化があります。
今回はチャーシューを乗せる直前にバーナーで炙りにして出してくれました。

大変うまい!
これが定着してくれるといいですな。

店主が日によって変わりますが、私は長身で髭の生えた
ダンディーな店主の時の味が好きです。

6月23日(火)「沖縄慰霊の日」

写真

今日は沖縄慰霊の日です。

戦後70年・・・
たった数十年前には日本が戦争してたなんて
とても思えないくらい今は平和ですね。

そしてこれから先の世代がいよいよ
「戦争を知らない子供たち」になるわけで。
私も映画やドラマでしか戦争のことは知らないので
具体的に戦争の悲惨さを伝えることはできません。

万が一にも戦争になれば
昔よりも重機や兵器も近代化しているから
以前よりも多くの犠牲者が出るでしょうし。

何とも恐ろしいことです。

犠牲になった方々へのご冥福をお祈りいたします。



さて、毎日どこかしらで集中豪雨がありますね。
もはや梅雨の長々とシンシンと続く雨の降り方ではなく
亜熱帯地方のスコールのような降り方が
当たり前のようになってきました。

地震や噴火も続いていますし、
日本も徐々に変化してきているのでしょうね。悪い方に。

いざという時のために、非常食や防災グッズをそろえておきましょう!


6月21日(日)「ビワ」

写真

ビワが旬の季節です。

果物の中では味も香りも好きな果物です。

東洋医学では昔からビワの葉灸というものがありまして、
ビワの葉の上からお灸をするというものですが、
様々な効果が期待できるものです。

当院では行ってはいないのですが・・・。
(そもそもビワの葉がなかなか手に入らない・・)


昨日は久しぶりに中野の先生の勉強会に参加できました。
こちらに参加できると、また自分の考え方をリセットできるので
とてもありがたいです。

自分ひとりで治療していると、どうしても少しずつ少しずつぶれてきてしまう
部分があり、久々に勉強会にでると「あ~~そうだった!」と気づかされること
ばかりです。

東洋医学は決められた治療方法があるわけではなく、
どういった治療法を組み立てるかは自分次第なので、
根幹がぶれてしまうと、治療そのものも変わってきてしまいます。
それはもちろん治療効果にも現れてきますからそこは慎重になるものです。

いい方向にぶれてくる分にはいいんですけどね。
それは新しい治療方法の発見であり、進歩なので。

これ!という定石がないだけに、そこが東洋医学の難しいところであり
また奥深いところでもあります。

院内DIY

治療院の待合室にわたしが作った切り絵を飾っているのですが
この物件、壁がすべてコンクリート仕様なのがネックです。

つまりは釘やら画鋲やらを刺せないわけですね。
仕方なく、粘着テープのフックを貼ってそこに切り絵をぶら下げて飾っていたのですが
粘着力が落ちてくると当然落ちるわけで・・・。

なんどこの額縁が落ちてしまったかわかりません。


さすがにも~~~うんざりだ!
ということで、奥薗先生に何かいい方法はないか調べてもらった結果
つっぱり棒を2本つけてその上に板を乗せるという簡易棚が見つかりました。

なるほどこれは目からウロコ。


さっそくこの前の休みに島忠ホームズへ買い出しにいきました。

最初は突っ張り棒に板だから1000円もあればできるだろうと思っていたら
あれ・・・・意外と高い・・・。

突っ張り棒が1本で600円もする・・・×4でこれだけで2400円!

板も1枚500円くらい・・・ う・・う~~んかなり予算オーバーしたけど
額縁が落ちるよりはマシだ!と思い切って購入しました。

板にはヤスリをかけて、ニスも塗ってちょっとシックな色合いに。


そして完成がこちら。

RIMG3158.jpg


そして額縁を置いてみたら

RIMG3159.jpg

お~~~~すてきすてき!

とても雰囲気がよくなりました。
来院された患者さんからも早くも「雰囲気が変わって素敵になりましたね!」と
たくさんお声をいただいております。


やってよかった・・・DIY。


6月18日(木)「湿気に豆類」

写真

湿気がすごいですね!
昨日も集中豪雨があり、今日も曇り空でじめじめじめ・・・。

東洋医学では湿邪といい、体内に停滞すると
身体が重くなったり、むくんだり、お腹を下したり・・・といった
症状が現れるとされています。

湿邪をカラダにこもらせないようにするためには
水分を汗や尿でカラダから上手に排出すること。

水分補給もしっかりしつつ、身体を動かしたり、
利尿作用のあるものを食べたりして上手に水分を外に出しましょう。

すでにカラダがだるいと思っている方は要注意ですよ!


我が家ではいんげん豆の収穫が始まっております。
すでに2回、計10本くらいいんげん豆が収穫されております。

あまり手を掛けなくてもスクスク育つようで楽だそうです。
私のようです。


6月16日(火)「和菓子の日」

IMG_3295.jpg

今日は和菓子の日です。

和菓子の日だからというわけではなく、本当にたまたまなのですが、
私、昨日生まれて初めてどらやき作りに挑戦しました。

元々あんこ大好きな私なので、一度小豆から自分であんこを作ってみたいなと
思っていたのが始まりでして。
調べてみたらこれが案外簡単にできると。

しかもどら焼きの皮もこれまた簡単にできると書いてあったので
作ってみることにしました。


小豆を茹でるのも圧力鍋で10分程度。
きび砂糖を入れて甘さを調節。これが自分でできるのが嬉しいですね。
今回は甘さ控え目で、砂糖は少なめにしました。

そして煮詰めること10分。
丁度いい硬さがわからないので、とりあえずしっかり硬くなるまで煮詰めてみました。

IMG_3292.jpg

おぉ~~~~あんこだ!
あんこができた!

一口食べると市販のあんこではあまり感じられなかった小豆の味が
しっかりとして大変おいしかったです。
甘さも丁度いい!


どらやきの皮は栗原はるみさんのレシピを参考に。
わたしホットケーキもそうなんですが、上手に均一に焼き色がつかないんですよね・・・。
どうすればいいんでしょうか。

IMG_3294.jpg

まぁ、初めてなのでこんな感じで(笑)。

でも焼き立てで皮はふっくらしていて大変おいしかったです。
毎日こうやってアツアツのあんこを炊いている和菓子職人さんってかっこいいと
思いました。

今度映画の「あん」でも観てみようかな。


ラジオ出演しました

先日調布FMの「ラジオボンバー」のワンコーナー
街角レポートに生放送出演させていただきました。

収録かと思いきや、生放送と知り慌てふためきましたが
何とか無事に終えられました。

中継車とスタッフさんがたくさんいらっしゃるのかと
思っていたのですが、到着したのはレポーターの
東海林愉加さんおひとり。

手には小型の中継器らしきものとPHSが1台。
最近はこれだけで中継できてしまうらしいです。
すごい・・・。

事前に10分ほど打ち合わせをしてもう本番。
生放送だけにドッキドキでしたが、あっという間に終了。

その模様はラジオボンバーのホームページから
聴けますのでお時間ある方は聴いてみてください。
緊張している私たちの声が聴けると思います(笑)。

http://www.chofu-fm.com/42613

毎日生放送でテレビやラジオされているタレントの方は
すごい!

リポーターさんは声の大きなとっても可愛らしい方でした♪
RIMG3157.jpg

6月12日(金)「梅」

写真

青梅が旬を迎えております。

青いままでは毒がありますのでね、
干したり漬けたりジュースにしたりジャムにしたりと
加工が必要ですが、手間をかけた分非常においしくなる食材です。

さっぱりとして、本当に夏にぴったり!という感じですね。


私は毎年、この夏に飲むお酒を何にするか悩むのですが、
今年は「生茶割り」に決定しました。

濃いめに出した緑茶を作っておいて、
それを焼酎の割りものにしていただこうという趣向です。

これまたさっぱりしていてスイスイ飲めるので
夏にぴったりです。


ビールも値段が高騰してきていますから、
おいしく安く呑めるお酒を探しております(笑)


追記

明日の9時半より、調布FM「ラジオボンバー」のワンコーナー
街角レポートに出演する予定です。

ネットラジオでも聞けると思いますので、お時間あればぜひ
聞いてみてください。

生放送ですって・・・・今から2人で緊張しています・・・。

つばめの巣

最近外を歩いていると、色々なところに鳥が巣を作って
子育てをしているのが見られます。

2週間前くらいに通勤途中、下に土がちらばっているところがありまして
もしやと思い覗いてみたら、案の定つばめが巣を作っているところでした。

しかし、でっぱりがある場所でもないので
一生懸命に土を咥えて貼り付けるのですが全部下にボトボトと落ちてしまいます。

一生懸命頑張るオス。そしてそばには「まだできないの~?」と言わんばかりに
待ちぼうけた感じのメスが一羽。

奥薗先生と「あれは場所が悪いよねぇ」などと言いながらも、毎日チェックをしていました。

1週間ほどしても状況は変わらず、相変わらず下には土台になれなかった土が
散らばっておりましたが、
先日の雨を機に状況が一変しました。

雨に濡れた土が上手に張り付いたのか、今朝覗いてみたら立派な巣が
できあがっていました!
S__9035791.jpg

お~~!
できてるできてる!と奥薗先生と朝からはしゃいでしまいました。

ちょっと他のツバメより出遅れた感じはありますが、
頑張って卵を孵化させてもらいたいですね。
しばらくしたらこの辺りを小さなツバメが飛ぶ練習をする風景が見られるでしょう。

この巣ができたことにより糞害に憤慨したお店の人が巣を破壊しなければ・・・ですが。


他にもビルの外気孔のところや、家の出窓の冊子のところ、
植え込みの中など、エサを咥えた鳥が飛びこんでいく姿がよく見られます。

そういうのを探しながら歩いてみると楽しいですよ♪



6月10日(水)「とうもろこしひげ茶」

写真

夏といえばとうもろこしの季節。

大抵捨てられてしまうのが、皮とひげですね。
そんな普段何気なく捨ててしまうところから
栄養素が摂取できたら・・・素敵なことですね。


皮とひげを天日干しでしっかり乾かして、
それをさらにフライパンで乾煎りしたものを煮出すと
ひげ茶ができあがります。

女性に優しいお茶なので、午後のティーブレイクにピッタリだと
思います。

この夏ぜひ試してみてください♪


先日、左上の親知らずが痛み出しまして、
急遽、近くの歯医者へ行ってきました。

その話はまた後日・・・。


神の手ニッポン展

先日、目黒で開催されている「神の手ニッポン展」へ行ってきました。


写真

こちらが会場の雅叙園。
雅叙園が何なのかすら知らずに行きましたが、結婚式も挙げられるような
豪華絢爛な会場で、中はキンキラキンでした(笑)

img_60114_12.jpg

そしてこちらが神の手ニッポン展。
ミニチュアハウスや切り絵、ジオラマ、ビーズなどなど
とにかく精巧な作品がズラリと並ぶこの展示会。

細かい作業好きな私にとってこれは大変魅力的な展示会でした。

中はもちろん撮影禁止でしたので、作品はお見せできませんが、
あまりの緻密さに、ため息の連続でした。

中でも、切り絵の「SOMA」さんの作品がやはり私は一番気に入りまして
本当にちょっと触ったらプツッと切れてしまいそうな程の線の細さに
ただただ驚きでした。

この方は下絵などを書かず、またデザイン系の学校にも通っておらず
独学で切り絵をやってきたそうです。

今回展示はされていませんでしたが、
SOMAさんの作品のひとつがこちら。

2878_B.jpg

立体的な作品が多いのですが、驚くべきはほとんどが1枚の紙で
繋がって作られているということ。

いや~これは大変刺激になりました。
私もまだまだ切り絵を精進せねばなりません。


6月7日(日)「ゴーヤのワタ」

写真

毎度毎度、ゴーヤネタとなるとワタのことを書いている私です。

ゴーヤのワタ、捨てていませんか?

ゴーヤはワタにこそ栄養が多く含まれて、しかもおいしいんです。


ゴーヤの原産国でもあるインドの人は
「日本人はなぜおいしいワタを捨てて苦い皮を食べてるのか?」と驚くそうですよ。


ゴーヤも完熟すると、皮は黄色になり、身は真っ赤になります。
そしてフルーツのように甘くなるそうです。
ピーマンと同じで未熟な状態で収穫・出荷するために「苦い食べ物」というイメージが
定着してしまいましたが。


そう考えると、今までワタを捨てて食べていた私は、
未熟で苦い状態のものを、わざわざおいしいワタの部分を取り除いて
あえて苦い皮だけを食べていたんだなと笑えてしまいます。


これからゴーヤが旬を迎えてもうちょっと値段も安くなると思います。
今年はワタも種もぜひ一緒に食べてみてください。
とってもおいしいですよ♪

6月5日(金)「落語の日」

写真

今日は語呂合わせで落語の日です。

落語といえば、最近また歌丸師匠が入院をされていたようで
容体が心配です。

私も落語は好きな方で、浅草演芸場ホールに行ったり
落語のCDを聞いたり、本を読んだりしていた時期がありました。

古典的な落語というのは、味があって大変奥深く面白いものです。

現代風にアレンジするのではなく、昔のまんまがいいですね。
だから私は落語を聞くのは古今亭志ん生師匠だったり、圓楽師匠、円生師匠
立川談志師匠あたりが多いです。


わたしも一席覚えてみたいものです。
まずは基礎の基礎の寿限無あたりから・・・。


6月4日(木)「ローメンの日」

写真

今日は語呂合わせでローメンの日です。

ローメンとは私初めて聞きましたが、
長野地方の名物料理らしいです。

B級グルメグランプリにも出場したことがあるそうで・・。

マトンを使うってことは、かなりクセのある麺料理っぽいですが
ラーメン大好きなわたしとしては、ちょっと食べてみたい一品です。


今朝、めざましテレビでプロレスラーの蝶野正洋選手が
日本蕎麦で焼きそばを作っていました。
大きなごつい手でやりづらそうにたまねぎを切っていましたが
おいしそうでした。

蝶野選手かっこいいんですよね~。
見た目も渋くて闘魂三銃士時代から大好きです。

青山にある「アリストトリスト」にも行ったことがありますが
なかなか自分に似合う服はなかったので(背が小さくて童顔なので)
買いませんでしたが、とても素敵でした。


ああいう服が似合う50代になりたいな~~

6月3日(水)「雲仙普賢岳祈りの日」

写真

今日は雲仙普賢岳で火砕流が発生した日です。

24年後の近くに、口永良部島が噴火。

少し前には箱根山が活動活発化。

その前に御嶽山が噴火。

その前に西之島が噴火して大陸出現。


ん~~~地震もかなりの頻度で大きいのが続いていますし
日本の地下深くではいったい何が起きているのでしょう・・・。

考えたら、考えただけ恐ろしくなるので考えないようにして
非常食など非常用品だけ揃えております。


本当に5年後にオリンピックなんてやってる場合なんでしょうか・・・?