金曜日にテレビで
認知症の夫婦を8年密着取材した番組をやっていました。

認知症って自分で受け入れていくのも辛い病気だし
周りも忘れられていくのも、介護していくのも辛いし
とにかく辛いことだらけの病気だというのが私の感想。

病気や怪我を機に考え方も変わって
新しく人生やり直すつもりでステップアップしていこう!
なんていう話もよく聞きますが、
認知症は前向きになれる要素がない病気な気がします。

進行性でどんどん認知障害が進むし
できることもどんどん減っていくし・・。
それをずっと受け入れ続けないといけないし・・。


20年後には高齢化社会になって、5人に1人は認知症になる
と、言われているそうですね。
介護できる若い世代も減っていくし、ほんと
どうなっていくんでしょう・・。
中国が一人っ子政策を止めたから、人口がバンバン増えて
その分たくさん日本に来て高齢化した日本を支えてくれる
ようにでもなるんでしょうか?


私も最近物忘れ、特に有名人・芸能人の名前が
なかなか思い出せないのでちょっと心配です。

私は思い出せない時はすぐに調べずに
数日かけてでもなんとか思い出そうとしています。

最近思い出した有名人は
ケーキ屋、オーブン・ミトンの小嶋ルミさん
元FC東京の長友


しばらく自分の中で話題にのぼらないと、
そのまま名前を忘れてしまうようです。

プロレスラーとか格闘家は忘れないんだけどなぁ・・・


11月28日(土)「寒さ対策」

IMG_3536.jpg

今週から気温がグッと寒くなり
今朝は、もう土に霜が降りておりました。
冬ですね・・・。

寒くなって来れば当然寒さ対策が必要ですが、
上に着る上着の素材を、ダウンジャケットにしようかフリースにしようか
どれがより暖かいかなど悩むと思います。

手足が冷えたら、手袋や靴下を2重にしてみよう・・とか。

試しにTシャツ。それも綿素材のゆったりとしたTシャツを1枚
中に多く着てみてください。
それだけでも体温低下がだいぶ防げると思います。

体幹部分が冷えてしまうと、身体は防衛反応として
大事な内臓が集まる体幹部分に血液を集め、温めようとします。
結果手足から血の気が引いて冷たくなってしまいます。

ですから体幹部分を冷やさないようにするだけで
血液は全身を巡り、手足も中から暖まってきます。


私は冬はカーディガンを1枚羽織るだけで、
よく周りから「寒くないの?」と聞かれますが、
見た目は薄着に見えますが、中にしっかりシャツを多く着込んでいるので
見た目ほど寒くありません。

上着の素材選の前に、Tシャツを1枚多く着てみてください。
ピッチリしたものはあまり効果がありません。
空気の層を作れるゆったりとした綿素材がよいでしょう。


写真2

今日はノーベル賞制定記念日です。

恐らく私にはまったく縁のない賞でしょう。
人生全て研究に捧げた人にだけもらえる
名誉ある賞だと思います。

ノーベル鍼灸賞とかできないかな・・。


さて、我が家の愛犬「よもぎ」。

色々なところで「名前は何ですか?」と聞かれ
「よもぎ」ですと答えると、ちょっとフフッと
笑われるのは何故なのか・・・。

よもぎってあまり馴染みのない言葉ですしね、
よもぎ餅とか食品のイメージがあるから
「あんこ」ですとか「ニラ」ですっていうのと
同じようなニュアンスなんですかね(笑)。


最近甘噛みが多くて、奥薗先生がいつも指や鼻を
噛まれて嘆いております。

私ですか?私は最初に噛まれた時に「コラ!」と
厳しく叱ってしまったせいか、今でも指に噛みつかれた時に
「むっ」と睨むと、後ずさりしてどこかへ行ってしまいます・・。

結局、二人揃っていてもよもぎが寄って行くのは
奥薗先生の方ばかり・・・。
寂しい・・・。

写真

↑私に怒られると反省するそぶりは見せる

11月25日(水)「里芋」

写真

冬は鍋やら煮物やらが愛しい季節ですね。

具材は色々ありますが、私は里芋大好きです。
何が好きなのかよくわかりませんが、とにかく好きで、
味噌汁でも、煮物でも、炒め物でも何でも入れたくなります。

一番好きなのは、茹でてそのままわさび醤油で食べる
衣かつぎのような食べ方ですね、
シンプルだけどとてもおいしいです。


芋類は、胃腸にもよく胃潰瘍の防止や改善、お通じの改善にも
効果があると言われています。
確かに芋を大量に食べた後はお通じがいい気がします。

焼き芋を食べるとおならが出るんだぞ~~なんて
昔漫画でよく見ましたが、大人になると
「そういうことだったんだな」って思うこと・・・ありますよね?



さ!
今日から気温がグンと下がっていよいよ冬らしくなってきました。
朝の散歩も徐々に薄暗くなってきました。
皆様風邪などひかれませぬよう、ご自愛くださいませ。



11月24日(火)「焦がしたパン」

写真

朝食はパンの事が多いですが、
パンを焼きながらお昼ご飯の準備もしつつ~~~
なんてやっていると、グリルから煙がモクモクと漂うことが
度々あります。

その度にやっちまった~~~っと慌てるわけですが後の祭り。

以前は焦げた部分を削って薄くなったパンを食べていましたが
最近はもう更に徹底的に焦がして、粉末状にして
犬のトイレシーツなどを捨てるゴミ袋に入れて消臭剤にしています。

ドリップした後のコーヒーの粉も同じように消臭剤にして
無駄なく利用しています。

「犬用の消臭剤スプレーなんて必要なかったんや~~~」


生活の中で出るものを他の物に再利用できれば
二度おいしいわけで、とても助かりますね。


生活の知恵ってほんとありがたいです。
今は何でも物が揃ってるから、
「卓上は専用の除菌クリーナーで、台所は台所専用で~」
とか、それぞれ買い揃えていたら物が増えてしょうがないですものね。

個人的には除菌はどこも消毒用エタノールでいいのではないかと
思っています(笑)。

毎晩寝ている間に私はだいたい夢を見ますし
その夢の内容も覚えています。

夢を見る内容は毎回違うわけですが、
私の場合ある傾向があります。


環境が変わると、同じような夢を毎日見るようになります。


この治療院を始めた当初。
小学~中学時代の友人がたっくさん出てくる夢を
毎晩毎晩見ました。

多分、大勢のメンバーで働いて職場を辞めて
ひとりで治療院を始めて、人恋しかったのではないかと
思います(笑)。


ある時は、鍼灸の師匠がしばらく出続けたり、
家族が出続けたり
初恋の相手が出続けたり・・・(ポッ)
何であの人が?っていうくらい懐かしい人が出てくることも。


それらすべて環境が変わった時に、
ガラッと登場人物が変わってそれがしばらく続く傾向があります。

夢は、東洋医学でも体の証を立てる際の判断基準のひとつでもあります。
追われている夢をよく見るとか、走っているのに前へ進まない夢とか
空を飛んでいる夢や、食べ物をたくさん食べている夢など
それによって臓腑のどこに問題があるのかを見極めたりもします。

夢ってその時の精神状態にも大きくかかわりがあるのでしょうね。

面白いものです。


基本的に私は楽しい夢が多いので
寝ることも楽しみのひとつです♪


11月20日(金)「ピザの日」

写真

おはようございます。
昨日も愛犬よもぎに顔中を数分にわたりベッロベロとなめられた
関口です。

犬が飼い主の顔をなめる理由は
「私はあなたよりも弱いのですから守ってください」という忠誠心の場合と
「ご飯ください」の場合とがあるようですが、
絶対昨日のは後者だと思います(笑)。


オオカミの習慣の名残のようですね、この顔をなめるという行為は。
悪いものではないですが、犬の舌は雑菌の塊なので
あまりなめさせすぎもよくないようです。

ムツゴロウさんは特異体質なのでしょう。



さて、今日はピザの日。

我が家ではピザはもはや外で食べるものではなく
家で作るものとなりました。

生地からピザソースまで簡単に作れるし、フライパンで十分焼けるので
お手軽です。

なので宅配ピザももうここ5~6年は食べてないんじゃないでしょうか。
最近はどんなピザがあるのかわかりません(笑)。
生地の耳にチーズが入ったところくらいまでですかね、知ってるのは。


人が来た時もみんなで具材を選んでワイワイ焼けるので
それもまた手作りのいいところですね。


もうすぐクリスマスや忘年会シーズン。
ピザを囲んでみんなでビールで乾杯なんて素敵なのではないでしょうか♪


犬のしつけ 3

フードを与えるしつけと、愛情を与えるしつけ
この違いは

人間の生活に合わせた都合のよいペットとして飼うか
同じ家族としてのびのびと生活をさせるか


その違いだと思いました。


フードを与えて言うことを聞かせたり、叱ったり驚かせたりして
鳴くことを押さえつけたりすれば確かにうるさく鳴いたり、
噛みついて来たりすることのないおとなしい犬に育つのでしょう。

それはそれで楽なのでしょうが、犬にとってはやりたいこともできずに
我慢我慢の連続になってしまいます。

鳴くと電流の流れる首輪や、声帯を取ってしまうなどもってのほかです。


愛情を与えて叱ることもなく育てれば、犬はのびのびと育ち
何かしたいことや怖い事があった時には鳴いて教えてくれますし、
飼い主に従順になり、素直な犬に育ちます。


実際、私たちがその話を聞きに行った施設の方(Iさん)も犬を飼われていて
(名前は「レイ」で私と同じ(笑))
その子はとってもおとなしくて、撫でられることが大好きで
撫でてあげるとトローンとした目になってとても嬉しそうにするんです。

人が入ってくると鳴くんですが、それは
「誰が来たのか匂いを嗅いで確認したい!」という欲求吠えで
匂いをかがせてあげると、もう鳴くことはなく大人しく小屋に戻ってました。

実にのびのびとしていました。


元々、他人に対して厳しく律することが苦手な私たちですから(笑)
叱ったり命令をするよりも、子供のうちはやりたいようにやらせる方が
性に合っているような気がしました。


お出かけから私たちが帰ってくると、犬は喜んでギャンギャン鳴きますが
まずは無視して相手にしてはいけないのが現代のしつけ方の基本です。
そしてなき止んで落ち着いたらかまってあげる。
これは鳴くとうるさいので、鳴かせないための練習です。

「鳴いたってかまってくれない。鳴かなくたってかまってくれる」と
教えることで、鳴くことが無駄なことだと教え込む考え方です。


ですが、Iさんの考え方は逆で
「生まれてすぐ親元から離されて、寂しい思いをしながら
 数時間待たされて、そこに飼い主が帰ってきたら鳴いて喜んで当たり前。
 たくさんかまってあげていいんです」
と。


もっともな話です。


むしろ帰っても、まずは無視することが私たちにとっても辛いことだったので
「かまってあげていい」と言われて、とても嬉しかったです。


子供のうちは触れ合う時間がとにかく大切で、たくさんたくさんかまってあげて
「何があっても私たちだけは味方なんだよ」と信頼関係を築くことが
今の時期は何より大切なのだそうです。

逆に今の時期に叱ったり厳しくすると、怖い人だと印象付けてしまう
ことになるので、まだ叱るのは早いのだそうな。


叱り付けた後に、私を見つめたあの怯えた目が忘れられないなぁ・・・

今日からは叱ることはやめて、しつけにフードを与えることも一切やめて
たくさん遊んであげようと思った私たちでした。


犬を飼うことで、色々と学ぶことがとにかく多いです。
犬を飼うのは大変だと覚悟はしてきたつもりでしたが、
ただのペットではなく、家族として迎え入れる覚悟が足りていなかったようです。


あ、叱らなくなった分、暴れ放題ですから
すでにゴザとか机の脚とかボロボロですけどね(苦笑)

犬のしつけ方 2


昨日の続きです。

フードを与えることでしつけをすると
犬は飼い主ではなく、フードになついてしまうという話でした。

確かに我が家の愛犬「よもぎ」も、うちに来た時から
「食」への執着心がものすごく、

おすわりやふせができた時にフードをあげてから、
「お利口~~」とひと撫でして褒めるのが基本なのですが、
フードをもらったら「もう用はない」という感じで
撫でられる前にサッといなくなってしまっていました。

そして次のエサがもらえる場所を探してウロウロウロウロ…。


「これって、言うこと聞いてるっていうか
 エサにしか興味ないよね・・・?」


と、話をしていたところでした。


そこに先日の施設のお兄さんのそんな話。


「散歩も毎日連れて行って、下の世話もして、トリミングもして
 一から十まで世話をしてあげているのに、たかだか
 数百円のフードに負けることになるんですよ」

「犬に対する愛情は、数百円のフードに負けるわけがないんですよ」


目から鱗でした。


フードを与えるのではなく、お利口だねと褒めてあげる。
それだけで十分なんだそうです。

そして叱るのも、まだ子供のうちはNG。
子供のうちから叱ったりサプライズ(大きな音を出す、嫌な匂いや味の
するものを与える)を与えることは、怖がって萎縮した性格に
なってしまうそうです。

確かにうちのよもぎも「コラッ!」と叱った後は
行動も控え目で、鳴き方も小さくなりました。


鳴くことを押さえつけられてしまった犬は
伝えたいことがあるのにそれを怖くて伝えられないという
状況に陥ってしまうそうです。


吠えてしまうのも、絶対に何かしら鳴いている理由がある。
無駄吠えというものはない、と。


遊んでほしい。
出してほしい。
お腹が空いた。
トイレがしたい。
一人で淋しい。


そして、それぞれ鳴き方が微妙に違うんだそうです。
そしてそれを聴き分けることは、個体差があるから
トレーナーでも獣医でも無理。
それができるのは毎日一緒にいる飼い主だけなんだそうです。


そんな話を聞き、しつけの方針を一新して
昨日から、フードをしつけに与えることを一切やめて
怒ることもやめて、のびのびと遊ばせています。

そうしたらいつもはクレート(小屋)に入れたらすぐに鳴いていたのが、
遊び疲れて満足するのか、鳴くこともなくぐっすり眠るようになりました。


ただ、のびのびとさせている分、家の中の棚や畳や色々なものを
噛みだすようになってしまい、こちらはその分疲れます・・・(笑)

叱っちゃいけないというのは、それはそれで大変・・・。


無題

↑そんなことは知ったことではないと言わんばかりの
 やりたい放題のよもぎです。


今までのしつけと今回教わったしつけと何が違うのか、
それはまた長くなるので明日書きます(笑)。
長くなってすいません。

犬のしつけ方

写真

3週間程前から飼い始めた我が家の愛犬「よもぎ」です。

犬を飼ったことがない私たちにとって頼りになるのは
「犬のしつけ方」の本やサイトだけです。

だいたいどれを読んでも、車や家や人やら何かに慣らすのにフードを与える。
おすわりやふせなどを教えるのにもフードを与える。
「フード=いいこと」 というのが基本で、

「何かをするといいことがある(フードをもらえる)と教えるとよい」

と、ありましたので
私たちもこの3週間ずっと実践して、カロリーオーバーにならないように分量の中で
フード、フード、フードを与えてきました。

そして悪いことをした時には、「こらっ!」とちゃんと叱る。
さらにサプライズ(大きな音を出す。嫌な味や匂いをかがせる。など)をして

「悪い事をすると、嫌なことが起きることを教えると、次第に悪いことをしなくなる」

と、ありましたので

噛んじゃいけないところを噛んだり、無駄に泣き続けた時には
大きな音を出したり、コラッ!と叱ったりしていました。


先日、家の近くにある犬の里親募集をしていたり、しつけ教室などを行っている
小さな施設(飼う前から、度々訪れて相談していた)に、犬を飼い始めたことを報告しに
行きました。

その際に、「うちの子は、全然じっとしてないんですが4ヶ月の子犬はそんなものですか?」と
聴いてみたところ

「そんなものです。子犬は噛むしか確かめる方法がないわけだから噛むのが当たり前。
 叱って教えるのはまだまだ早い。 叱ってはいけません」


と、本やサイトと真逆のことを言われて、愕然としました。


そこから1時間近く話を聞いてもらいましたが

しつけの方法は、今はフードで教える方法が8割。
昔ながらに叱ったり叩いたりして教えるのが2割だそうです。

フードは犬にとって何よりのご褒美なので、何を覚えるのも早いそうです。
ふせ、も、まて、も、確かによもぎも覚えるのが早かったです。

しかし、その時犬が何を考えているかと言うと、「早くエサよこせよ・・・」だそうです。


これを徐々にご褒美のフードを減らしていくところまでしっかりやらないといけないのですが
それがなかなか大変だそうで、やはりフードを与えると、きちんということを聞くので
ついついフードを与えてしまう飼い主が多いのだとか。

すると結果何が起こるかと言うと、
犬は飼い主ではなくフードになつき、フードをくれる人なら誰でもいいということになる。
飼い主の愛情がご褒美にならず、フードがご褒美になってしまう。

飼い主も次第にそれに気づき、呼んでもまったく近づいてこない愛犬が
冷蔵庫を開ける音で喜んで近づいて来た時・・・一気に愛情が冷めてしまうこともあるそうです。


そんな話を聞いて思い当たることがある私たち・・・
話が長くなってきましたので
続きはまた明日書きます。




11月15日(日)「柿」

写真

秋の果物と聞いてまず浮かぶのが柿ではないでしょうか。

柿は漢方の世界では、止咳平喘といって
咳を鎮めて肺を潤す働きがあるとされています。

まさにこの乾燥して風邪が流行る時期にピッタリな
果物といえます。


わたしは患者さんに何を食べたらいいですか?と聞かれた時に必ず
「その季節の旬の物を食べていれば間違いないです」と答えています。


その季節に旬を迎える魚や果物や野菜はその季節に身体が必要としている
栄養素が含まれているからです。
この柿のようにですね。

勿論、一度や二度食べたからすぐにカラダに栄養の効果として
現れるわけではありませんから、毎日しっかりとバランスよく
食べ続けることが大切です。

「○○はカラダにいい」と聞いてすぐさまスーパーに買いに行く方も
多いですが、食べたからすぐに効果がでるわけではありません。

「カラダにいいと聞いて食べたけどすぐに効果がでない!」という人ほど
「カラダに悪い物だけど、ちょっと食べたくらいじゃ病気にならないでしょ」
と都合の良い解釈をするものです(笑)。

発がん性物質のものを食べたからといって、
すぐにがんになるわけではありませんよね。

長い間食べ続けることでリスクが大きくなるというのと同じで
身体にいい物も食べ続けることで少しずつ効果がでるものです。

毎日の食事を大切に大切に食べていきましょう。

15時のおやつ

患者さんからおやつにとお菓子をいただきました。

RIMG3261.jpg

北海道のじゃがぽっくるは知っていましたが、
青森のりんごっくるは知りませんでした。

りんごの甘さがちゃんと感じられるおいしいスナックでした。

アップルパイもとてもおいしくいただきました♪

なにより気持ちが一番うれしいです♪
ありがとうございました♪


以前はお昼に必ずと言っていいほどアンパンを食べていましたが
最近はめっきり食べなくなり、糖分が不足しがちなので
とてもありがたかったです(笑)。


糖分は頭を動かすのに必要な栄養素ですから
お十時、お三時のおやつというのはとても理にかなっているそうですね。

チョコを一かけでも、キャラメルを一つでも
口にいつでも放り込めるように近くに置いておくといいですね。

眠気防止にも糖分はいいそうですよ。

当院の前にある小さな花壇。
そこには毎年小さな命が生まれては散り、産まれては散り、
小さな世界で輪廻を繰り返しているのであります。

小さなバッタが家族を作ったこともありました。
芋虫がさなぎとなってアゲハ蝶となり羽ばたいたこともありました。
アリたちは巣を作り子供を育て、
ダンゴ虫たちは・・・・何してるかわかりません。


そんな虫たちの楽園である当院の前の花壇に
新たな来客がありました。

大きなカマキリです。

RIMG3258.jpg

花壇に水を上げていて思わず「うおっ」と声をあげてしまった程に
巨躯なカマキリ。
分かりづらいかもしれませんが、私の手のひらくらいの大きさでした。

RIMG3260.jpg

目ぼしいものがなかったのか、すぐに飛び立っていってしまいましたが
昆虫界最強との呼び声の高いカマキリ。
やはり貫禄が違いました。


さてさて、次はどんな来客があるか・・
楽しみです。


11月11日(水)「Now on Tap」

写真

今日11月11日は色々な日でした。
ひとつひとつ追っていくのも大変なので、今日は別の話題を。

googleの新機能「Now on tap」を今朝のニュースで取り上げていました。

ホームボタンを長押しするだけで、今携帯で読んでいる記事の中から
関連する検索ワードを自動的に検出してくれるというものらしいです、
よくはわかりませんが。


例えば、読んでいる記事に地名で「武蔵小金井」というのがあったとして
武蔵小金井って何線の駅だっけ?と思って調べようと思ったら
一度自分で「武蔵小金井 路線」などと入力して調べますが、
それがホームボタンを長押しするだけで、自動的にでてくるというものらしいです。

本当に将来は、自分で記憶する必要ってまったくなくなるんじゃないでしょうか。
CPUやHDDを頭に直結できるようになったらまさにそうですね。

映画なんかもあらすじや、セリフも一語一句全てサラサラと言えるようになったり
初めて行く場所でも道に迷わずすいすい歩けたり。
でも新しい事を覚えようとしたときに
「ちょっとまって、HDDが一杯だから、ちょっと新宿の居酒屋一覧の記憶消すわ」
なんていったりして。

そして機械故障したり、データ破損したら、何にも思い出せないようになったりして。


車も自動化がどんどん進んでるようですし機械に全てお任せ~なんて時代に
本当になりそうです。

いいかわるいか・・・・

私は彼女が初めて作ってくれた手料理がレンジでチンでできた肉じゃがだったら
嫌ですけどねぇ・・

11月10日(火)「トイレの日」

写真

今日は語呂合わせで「いいトイレの日」です。

懐かしの「トイレの神様」の歌詞をそのまま描いてみましたが
いい歌ですね~この曲。

最近は公衆トイレや駅のトイレもキレイなトイレが増えてきましたね。
つい最近も、友人に会うため西大島まで行った際に駅のトイレを
利用しましたが、あまりに広くてキレイで驚きました。

今までで一番キレイだったのは、高速インターの「うみほたる」の
2階だったか3階のトイレでしょうか。
男性用トイレの真正面が全面ガラス張りで海が一望できるという
素敵なトイレでした。
なかなかの解放感でした(笑)。


さて、珍しく雨が続いておりますが、
乾燥も始まって、肌が荒れている方も増えてきました。
お風呂上りなどにはしっかり保湿をするのが望ましいですね。

わたしはニベアがお手頃で愛用しています。
他に肌が赤く痒みが強い時にはオードムーゲやコーフルなどを
併用しています。

何種類か自分に合う保湿剤を見つけておくといいですね♪

写真

寒い季節になりました。

車がない私はワカサギ釣りをしたことがありませんが
ちょっと興味はあります。

しかし、最近のワカサギ釣りもだいぶ変わってきているようで
小さな小屋のようなものを設置して、魚群探知機で魚群を探し
電動リールで自動でしゃくり、自動で釣り上げる・・・という。

「え?それ楽しいの?」と、見ていて思いました(笑)。


釣りといえばワカサギ釣りの他にもうひとつ興味があるのが
イカ釣りです。

グ~~~ッと大きく竿をしゃくって釣り上げる。
墨で汚れるのでウェアではなく雨がっぱなどを着てやるアレです。

釣りたての透明なイカ刺しを船上で食べてみたいものです♪


ただ船酔いしやすい私にはちょっとハードルが高いかも・・・。


11月7日(土)「あられ・おせんべいの日」

写真

冬になると押し入れの奥からこたつを出して組み立て
スイッチを入れた時にジワッと温まるあの幸福感。

そして一度入ったが最後、もうそこから出られない・・。

こたつ・・・ いいですねぇ・・・。


暖まる場所がそこしかないわけですから
自然と家族がそこに集まり、おせんべいをかじりながら
何気なく始まる一家団欒。
そういうのってとても大切だと思います。

今は床暖房やらエアコンで家のどこにいたって暖かいんですもの。

うちは電気カーペットの上にテーブルと毛布を置いて、さらに中に湯たんぽを
置いてなんちゃってこたつをやってた時期もありました。
それでも十分暖まりますし、電気代もオ・ト・ク。

でも今年は犬もきたし、こたつ購入も考えてみてもいいかもしれません。

犬って実は寒さにめっぽう弱いらしいです(笑)
「い~ぬはよろこび 庭か~けまわり~~♪」ってのはウソですね(笑)。



11月6日(金)「目黒ゴスペル祭り」

写真

告知です。

11月15日(日)に、目黒区民センターホールで行われる
「目黒ゴスペル祭り」

こちらに奥薗先生が活動を続けるゴスペルチーム「JOY!JOY!」が
参加します。

14時から2曲を歌う予定でおります。


他にもさらにその翌週には調布のゴスペルイベント
クリスマスには武蔵小金井のゴスペルワークショップのイベントと
歌歌歌のイベント尽くしです。

精力的に動いてますね~奥薗先生、うらやましい!
私もラーメン屋巡ってる場合じゃない(笑)。

しかしクリスマスイベントの話をしてるということはもう年の瀬なんですね。
今年がもう2ヶ月ないということに驚きました。

そろそろ皆様も年末年始の予定を立て始める頃でしょうか。
私は犬が来てしまったので今年は近所でノンビリゴロゴロな
年末年始になりそうです。


イラスト

最近NHKの「浦沢直樹の漫勉」という番組にはまって
録画したものを何度も繰り返し見ています。

浦沢直樹はもう「YAWARA」「MONSTER」など
知らない人はいないくらい有名な漫画家ですね。

その浦沢直樹さんが、普段みんながなにげなく読んでいる漫画も
こんな大変な作業の元作られているんだということをもっと世間に
知ってもらいたいということで起こしたプロジェクト番組です。

色々な漫画家さんの執筆現場にお邪魔して、実際の執筆映像を見ながら
対談するという番組です。


もう驚きの連続です。普通に読んでたら2秒も目に留まらないような
ページの1コマでもこれだけの手間をかけているんだと。

そして漫画を描くというのは、もう絵画のような作品を作り上げる作業の
連続なんだと驚かされました。
いかにして自分の思っているイメージを絵や描写で表現するか
Gペンだけでなく、割りばしや修正液、パソコン処理や墨汁などなど
描く漫画家さんによって、色々な道具を使って表現しようとしているのも
見ていて楽しいです。

そんな大変な作業を連載だと毎週毎週やってるんだと思うと
信じられないくらい労力のかかる仕事ですね。

その中の一人浅野いにおさんは背景を描く際に
写真をデジタル処理してそこにアナログで線を書き足していくと言う
手法で背景を描かれていました。

私もさっそくやってみました(笑)。

名称未設定 1

ラーメン屋武蔵小金井の大勝軒ですが、
う~ん・・・手書きに見えなくもないけどやっぱり難しい。
一朝一夕でできるものではないですね・・・そりゃそうか。

しかしこの手法は描いてても楽しいので
次回のニュースレターのラーメン探訪はこれでいきたいと思います。


マイクラ継続はまり中

依然マイクラはまってます。
この間図書館で借りた木造校舎の本を参考に学校を作ってみました。
製作期間は約2週間ほど。

2015-11-03-133147.jpg

掲示板や黒板、学校にありそうなものを
再現していくのはとても楽しかったですし、
それっぽく見えた時は嬉しいものです。
古き良き昭和の時代が少しは再現できたのではないかと。

2015-11-03-133211.jpg

入口付近に水飲み場と掲示板を設置。
水飲み場はやはり学校には欠かせないですね。
掲示板は緑色の羊毛に絵を飾ることでそれっぽく見せています。

2015-11-03-133221.jpg

校庭には遊具の登り棒・・・のつもり。
右側に見えるのは朝礼台です。


2015-11-03-133327.jpg

廊下も全て木造で昭和らしさがでているんじゃないかと。
教室入口には「○○組」という看板っぽいものを付けることで教室っぽさが
ぐっと増しました。

半袖半ズボンの子供たちが廊下を走って先生に怒られる姿が
浮かびます・・・よね?


2015-11-03-133541.jpg

ちょっと薄暗いですが教室です。
黒板は黒の羊毛で再現。
もうちょっと飾りが欲しいところですね。
もう少し検討して思いついたらいじってみます。


2015-11-03-133623.jpg

こちらは校舎裏側に通じる通路です。
下が砂利道なのと、梁をたくさん張ることでこちらも
昭和らしさが再現できたのではないかと思います。
子供たちがここで上履きから下履きに履き替えてドタドタを
外へ出ていく姿が浮かびます・・・ね?


大きな建築は結構時間を取られるので、
次はこじんまりとした建築をやってみようと思います。
まだまだ拡張していきたいと思います。


いや~色々なものを自分で再現して遊べるっていうのは
とっても楽しいですね。

2_2015110109183903e.jpg

今日は語呂合わせで犬の日です。

犬といえば!!!

先週我が家はヨークシャテリアを飼い出しました!(しつこい)



しかし飼うまでに本当に色々色々色々
犬のことについて調べましたので(奥薗先生が)、
犬に関しての知識はかなりあります(奥薗先生が)。


私もチョロチョロ~っとしつけの本を読んでは実践しています。
ヨーキーは元々賢い犬種だからなのか、覚えが本当に早くて
ビックリしています。

我が家に来て次の日にはトイレがちゃんとできたし
6日経った今、お座りもできるし、家にも喜んで入ります。
まぁそれをやればエサがもらえるとわかっているからなのですが。
食い意地だけはとにかくすごいです。


もっと膝の上に乗せてよしよし~~なんて言いながら
のんびりなでている姿を想像していましたが、実際は
抱っこしたらジッタバタ暴れてそれどころではありません。

昨日は思い切り下から頭突きを顎にくらってしまい、
一瞬意識が飛び掛けました・・・。


でもちゃんとしつけていけば膝に乗せてのんびりさせることも
夢ではないので、しっかりやってます。
やっと夜泣きもなくなって、朝までグッスリ眠れています、私が(笑)