12月8日(金)「針供養の日」

RIMG0054_20171208131332617.jpg
今日はお裁縫をお休みして
普段硬い物ばかり刺している針を柔らかい物に刺して
供養しましょうという日だそうです。

針を使う数で行ったら鍼灸師は一番なのではないでしょうか(笑)

確かに鍼にはとてもお世話になっているので
しっかり感謝しないといけないですね。

鍼がないと仕事にならない・・・


東洋医学の目的とするところはカラダの気血の疎通をよくすることです。

気の巡りや血の巡りが円滑にいっていれば
カラダに不調は起きないというのが東洋医学の考え方です。

昔はなんとなくそうなんだろうな~と思っていましたが
歳を重ねる毎にそうなんだと自分のカラダを通じて実感する度合いが
増してきたように思います。

関節の軋みや柔軟性の低下、筋力の低下、視力の低下などなどなど
気血の巡りが潤滑ではないと感じる部分が増えてきたように思います。

朝、カラダの動きがぎこちないとかですね(笑)


潤滑に気血の巡りをよくして、歳を重ねても健康でいられるためには
日頃の養生が何より大事です。

睡眠・食事・運動は基本中の基本。


私も朝と夕方とカラダを動かすようにしています。

皆様も疲れなど溜め込まないようしっかり体のケアをしましょう!

コメント

コメントの投稿