嬉しいご報告

先日逆子の鍼灸治療でいらしていた方から
「無事に治りました」というご報告をいただきました。

この方は34週目の段階で逆子と診断され
37週目で来院されました。
1週間後には帝王切開の手術のための入院が控えていたため
切羽詰った、あまり余裕のない状態での施術となりました。


しかし結果的には一度の施術で無事に逆子が戻ったため
非常にホッとしましたし喜ばしかったです。



逆子の治療では逆子の整体と鍼灸治療を行いますが
足にお灸をする際に、お腹をお母さんになでてもらうよう
指導しております。

なんだかんだ治療をしつつも、やはり最後はお母さんの言うことを
聞くのではないかという想いからです。

結果そうすることで逆子の鍼灸治療の成功率はあがったように思います。

親の愛情に勝るものなし
すばらしいことです。

後は無事に生まれてくることを祈るばかりです。
嬉しいご報告ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿