4月18日(水)「よい歯の日」

RIMG0045_2018041809404653a.jpg

今日はよい歯の日ということで
往年のヒールレスラー 噛みつきが得意のフレッド・ブラッシーを描いてみました。
(ご存知ですか?)

日本でグレート東郷と試合をした際、噛みつきで大流血に追い込み
その試合をテレビで見た老人がショック死したという話はあまりにも有名ですね。


ヒールレスラーというのは一見ただただ暴れ回っていればいいから
誰にでもできるとお思いの方もいるでしょうが
実はヒールレスラーが一番演じるのが難しく頭がきれる人でなければできないと
言われています。

試合を組み立て、そしていかに観客をヒートアップさせるか
そしてベビーフェイスの相手をどうおいしく魅せるか
その場の空気を読む力も必要とされるし、ヒートした観客にどう対応するか
その場の判断力などなど、幅広く能力が求められるのがヒールレスラーです。

ヒールレスラーは数多くいれど伝説になるほどの名選手は数えるほどしかおりません。

アブドーラ・ザ・ブッチャー、ザ・シーク、タイガー・ジェット・シン
バディ・ロジャース、フレッド・ブラッシー

観客を本気で怒らせ、命の危険に会うことも少なくなかったそうです。

そこまで徹底してやるのがプロのレスラーですね。
尊敬します。


コメント

コメントの投稿