4月25日(水)「ギロチンの日」

693.jpg

今日はギロチンがフランスで実用化された日です。

処刑人の苦痛を少しでも減らすためにと医師ギヨチーヌが開発したものだそうです。
そしてギヨチーヌもギロチンの露と消えたわけで・・・。

処刑器具の開発者って、自分の開発した処刑器具の犠牲になってることが多いそうですね。

有名なのはファラリスの雌牛という処刑器具で
鉄でできた牛の金型の中に人をいれて下から火であぶるという拷問器具ですが
脱出する術があるかどうかは開発者が一番わかってるということで
開発したペリロスが最初の犠牲者にされたという噂が・・・。


拷問なんて死んでも受けたくないですね・・・。

いい時代にいい国に生まれてよかった・・・。

コメント

コメントの投稿