人生初グラッパ

少し前に、最近ウイスキーにはまりかけているという話を書いたかと思います。

あれから1種類増えまして。
現在はジョニーウォーカー赤とバランタインの2種類をその日の気分によって
飲み分けています。
もっと種類を増やして選択肢を増やしたいところなのですが
1日1杯グラスにちょこっと飲む程度で全然減らないのであまり増やしても・・・
という気持ちで全然増えません(笑)

あと何を買っていいのかまったくわからず
酒屋に行って色々と種類は見るのですがチンプンカンプンな状態です。


それにしても最近ウイスキーのCMよく見かけるようになりました。

前はサントリーハイボールとトリスハイボールのCMくらいしか見なかったのですが
ホワイトホースとかメーカーズマークとかのCMも最近よく見ます。
今まで気にしてなかっただけなのかな・・・?



さて、そもそもなぜ私がウイスキーにはまりだしたのかというと
実はウイスキーではなく、グラッパというブランデーを飲んでみたいというところからでした。

ブドウから作るブランデーでグラッパというお酒があるのですが
これを探しに酒屋に行ったんですが全然売ってなくて、それでウイスキーを買ってしまった
というのが事の始まり。


全然売ってないんですよグラッパ。

売ってるのを見かけたのは一カ所だけで、しかも一種類だけでした。

そんなグラッパ迷子の私を見かねてか
奥園先生が私の少し早い誕生日祝いということで
グラッパを見つけて買ってきてくれました。感謝感謝。


39179.jpg


これは内田葡萄焼蒸留酒という酒造メーカーさんが作る
日本初のグラッパだそうです。

少しドキドキしながら飲んでみましたが
ウイスキーより当然ですが葡萄のスッキリと爽やかな甘さが広がるという感じでした。

冷やして飲むとより甘さが引き立って美味しかったです。

ウイスキーとかブランデーは封を開けて少し経つと
独特な風味(よく薬臭いとか言われる)が少し抜けるので
多分今日はより飲みやすくなっているのではないかと
今から楽しみです。


焼肉がわからなくなる

先月くらいに家で焼肉がやりたくなり、ウキウキとスーパーに
お肉やらホルモンやらを買いに行き
家で換気をしながら焼肉をやりました。

ですが

「なんか思ってたのと違う・・・」

と、結果的に多幸感は得られず…。



外で食べるのと何が違うんだ・・・と、色々と考え


「そうだ、これではただ肉を焼いているだけだ」


という結論に至りました。

確かに焼肉屋で頼んだ肉は何やらタレのようなものに漬け込まれた状態で出てくるような気がする…。
うちでは下味も何もなくただ焼いて、焼肉のタレにつけて食べているから
なんだか物足りなさ(そして虚しさ)を感じてしまうんだ…と思いました。



と、いうわけで、実際に焼肉屋さんで焼肉を食べよう!ということで
近くの焼肉屋さんに行ってきました。

出てきたお肉をじっくり観察し家でやる焼肉と何が違うのかを検証。


1.生肉がごま油とニンニクとネギがかかった状態で出てくる

2.肉が厚すぎず薄すぎず適度な厚さ

3.そもそも肉が良い



ということになりました。

ごま油がかかっているから焼いて食べた時にふわっと風味がよかったですし
ニンニクとネギもよいアクセントに。


次に家で焼肉をやる時はこれを実践してみたいと思います。


あとはタレとコチュジャンだけではなく
柚子胡椒やわさびもあると色々と味変も楽しめるなと思いました。


しかし歳なのか、昔ほどたくさんは食べられなくなりましたね。
学生時代は焼肉といえば食べ放題で
友人たちとアホみたいにおなか一杯食べて満足満足していたのですが
最近はお腹がいっぱいになる前にアブラでやられてしまいます・・・(悲しい)。


焼肉って幸せホルモンが出る食べ物だって聞きましたが、すっかりお腹の調子を心配しながら
食べる食べ物に…。


焼肉ってなんだ・・・?


ラジオしばしお待ちください

おはようございます。
武蔵小金井徒歩6分 せきぐち鍼灸院院長の関口です。

今朝は大分涼しくなって、久しぶりにクーラーをつけずに寝ることができました。
まだ30度近くあるとはいえかなり快適ですね(感覚が狂ってる)。

さて、今週のご予約状況なのですが
今週はかなり混みあっておりまして、ご希望の時間帯でご予約が取りづらい状況かと思われます。
一週間ほど先のご予約でしたらばスムーズにお取りできるかと思います。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。


こうした状況ですので
今週は「お元気ですか?ラジオ」の収録をする時間も取れない状況です。
少しばかり間が空いてしまいますが、また収録と編集ができ次第
次回をアップしていきますのでお楽しみにお待ちいただければと思います。


宜しくお願いいたします。

スコッチをすこっちだけ

筋トレを始めてからお酒を飲む量がかなり減ったのですが
コロナ禍でジムにもいけなくなってきたらまたお酒を飲む機会が増えてしまいまして…。

それでも晩酌にビールを1缶とかそんなレベルなのですが。


そんな中、グラッパというブランデーの存在を知り
これは飲んでみたいと思い酒屋をいろいろと回ってみたのですが見つからず…。

しかしなんだか気分はすっかり洋酒な気分。

思い切って普段飲まないウイスキーに手を出してみることにしました。


去年くらいからハイボールが急に苦手になってしまし
かといって角瓶やトリスウイスキーをロックで飲んでもカーッと熱くなるだけで
あまり美味しいとは思えず。

そこで国産ではない洋酒を買ってみたのですが
これが非常に美味しい!

37801.jpg

今回買ったのはジョニーウォーカーの赤。
通称ジョニ赤ってやつですね。

今は晩酌に軽くグラスに注いでロックでカランと飲んでいますが
香りとか丸みがやっぱり違うんですね。

そんな話を患者さんとしていたら
12年物とか、5千円くらいするようなウイスキーはもう全然違いますよという
話を聴き、次はもうちょっといいウイスキーを買ってみようと思いました。

今スコッチウイスキーにすこっちだけはまっています。
(おそらく何万回と使い古されたダジャレだと思いますが)


歳を取るということ

あと2カ月もすると私もまた一つ歳を重ねます。

歳を取れば当然身体は衰退していくわけですが
私は何とかそれに抗えるのではないかと思っています。


現に90歳を過ぎても鉄棒でグルングルン回っているおじいさんや
バーベルを持ち上げているおばあさんや、ガンガン水泳で泳いでいるおばあさんなど
高齢の競技者がおります。

そういった実例を見ていて、しっかり体調管理をしていれば
あの歳になってもあそこまでとはいかなくても
元気で動き続けることができるのではないかと思っています。


コロナの影響で4カ月運動を休んでいましたが
ようやく筋トレを再開することができました。
たるみ始めていた身体の張りも少し戻ってきました。

使わなければ衰えていくし、使っていけばまたちゃんと張りが戻ってくる。
当たり前のことではありますが、これを日々実践していくことで
身体は長持ちすると思います。


心を若く保つことも大切ですね。

何かに挑戦する意欲。
新しいことを始めてみると気持ちも若返る気がします。

気持ちと身体は一体ですから
どちらも若く健康でいたいものです。



あともう一つ思うのは・・・

近くに井戸水を汲める場所があるのですが、
利用するにあたって二つだけルールがあります。

・井戸水は大切な水なので容器を洗うのは隣の水道水で
・1回の利用を10リットル以内に


これだけなんですが
私が見る限りこのルールを守れてないのは大半が高齢者の方なんですね。

いつも2リットルのペットボトルを10本近く持ってきて汲んでいたり
井戸水でボトルを洗っていたいたり・・・


「まったく近頃の若い者は・・・」なんてのはエジプトの壁画にも書かれているくらい
はるか昔からある言葉らしいですが(私もよくそう思ってしまいます(笑))
しかし最近は若者から「まったく最近の高齢者は・・・」なんて言われることもよくありますよね。

歳を重ねていくと大抵のことは「まぁいいでしょこのくらい」と深く考えないようになってきたり
周りが何とかしてくれるでしょと他人任せになってきたりするように思います。


自分もそうならないようにと、気を引き締めていかねばと自省しております。
よくゆめ先生から「何度言っても聞かないんだから」と怒られることもしばしば。
石田純一のように周りの意見を聞かずに勝手な行動をしてしまわないように
気を付けます。